編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

協働的かつリアルタイムな意思決定には何が必要か?--ERPのSAPが「12sprints」を作った理由 - (page 3)

梅田正隆(ロビンソン)

2010-02-25 21:19

 例えば、12sprints上にBIのダッシュボードをFlashで張り付け、リアルタイムなデータを参照しながらメンバーで会議をする。コメントはそのまま記録でき、議事録の代わりになる。あるいは、会議チャットでつぶやいたコメントに対して「Analyze comments」ボタンを押すと、ただちに関連するチャートを検索し、グラフを提示する。まるで優秀な秘書がそこにいるかのようだ。

Text-To-Query 12sprintsの「Text-To-Query」機能。会議参加者の発言を分析しチャートを表示する(画像提供:SAPジャパン)

 あるいは共有しているPowerPointのスライド上に記述されたテキストを解析し、キーワード(「在庫」など)を抽出。バックエンドのデータベースを検索し、「在庫推移」などのグラフを自動生成するといったことができる。生成したグラフをそのスライドに張り付けることもできる。

自然言語解析 自然言語解析でキーワードに対応するデータをもってくる。リアルタイムに検索したデータを貼り付けて会議の参考資料に。メンバーがチャットでコメントすれば、それも議事録として残せる。(画像提供:SAPジャパン)

 「会議のプロセスには、結論が必要。選択肢の中から1つを選ぶ意思決定だけではなく、優先度をつける意思決定、目的や期限を決めるという意思決定、何を議論するか決める意思決定など、様々な形がサポートされなければならない。これらの参加型によるリアルタイムな意思決定を支援するには、裏側で眠っている様々なサービスを即座に呼び出す必要があり、そのための結論誘導型の共通基盤が必要となる」と馬場氏は話す。

 確かに、ドキュメント共有システムにしろ、ウェブ会議システムにしろ、従来のコミュニケーションツール、コラボレーションツールは意思決定に使えたが、意思決定プロセス全体から見ると別個のサービスに見える。馬場氏は「必要ならそれらのサービスをつなげて、会議全体をサポートしたい。会議において、起案から結論、そして次のアクションへと、一連の流れをサポートする共通基盤が存在しなかった」と話す。

SAPがこぎ出した「10億ユーザー」獲得目指す大航海

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
SAPジャパン
経営

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]