編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

モジラ、「Gecko 1.9.3」ベースの最新ブラウザプレビューを公開

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟

2010-03-04 08:17

 Mozillaは米国時間3月3日、いち早く「Firefox」の最新版を試してみたいと強く望む人々に向けて、新ブラウザのプレビューリリース第2版を公開した。

 同ソフトウェアは、Firefoxで採用されているレンダリングエンジン「Gecko」の最新版であるバージョン1.9.3をベースにしている。現在の「Firefox 3.6」と次期版の「Lorentz」は、バージョン1.9.2ベースである。

 しかしながら、新たに公開されたプレビューリリースの主要機能はLorentzとほぼ同様で、OOPP(out-of-process plug-ins)である。Adobe Systemsの「Flash Player」などを分離したメモリコンパートメントで稼動させて、これらがクラッシュした場合でもブラウザ全般を保護する仕組みだ。Mozillaは、OOPPのテストページを通じて、同機能がどのように稼動するのかを確認できるようにしている。

 とはいえ、OOPP機能の開発に取り組んでいるBenjamin Smedberg氏のメーリングリストへの投稿によれば、現時点ではWindowsおよびLinuxのシステムでのみ動作するという。「Mac OSは、いくらか独特の課題を投げかけている。プラグインの従来のドローイングやインタラクションモデルは、プロセスを横断するのが非常に困難になっている。われわれはマルチプロセスのプラグインでMac OSをサポートすることに取り組んでおり、このタスクのプレビュー提供をまもなく開始できるようになるだろう」と、Smedberg氏はOOPPのブログへの投稿に記している。

 さらに、Smedberg氏は、新たなアルファ版のリリースで、ウェブページのレイアウトに多大のパワーを消費するホットスポットの解消が見られており、パフォーマンスの向上が実現していることも明らかにした。

 Mozillaは、ブログへの投稿で、「Gecko 1.9.3」がベースとなるプレビューリリースの機能について詳述している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]