編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本IBM、x86サーバの最大メモリ量を拡張する新技術「eX5」を発表

新澤公介(編集部)

2010-03-04 19:49

 日本IBMは3月3日、x86サーバのアーキテクチャ「第五世代 Enterprise X-Architecture(eX5)」を発表した。同技術搭載のサーバについては、インテルの最新CPUの発表を待ち、順次販売を開始するという。

 eX5は新技術として、メモリを拡張する「MAX5」、サーバの構成を柔軟に変更できる「FlexNode」、I/Oを拡張する「eXFlash」を備えている。

 MAX5は、プロセッサから独立したメモリを追加できるメモリ拡張ユニット。サーバ本体とほぼ同じ面積を持つMAX5は、32個のメモリスロットを持ち、最大で512Gバイトまでのメモリを搭載できる。また、その制御用の「eX5チップ」が搭載されている。MAX5をサーバ本体と接続し、サーバ本体自体をSMP構成とすることで、従来比で6倍となる最大3Tバイトのメモリ搭載を可能にした。MAX5とサーバは、プロセッサ接続技術「QuickPath Interconnect(QPI)」を使った外部ポートで接続され、1秒あたり最大42.4Gバイトの速度で通信する。これは、きょう体内におけるCPUとメモリ間の通信速度と同等だという。

  • ラックマウント型サーバに接続したMAX5の例

  • ブレードサーバに接続したMAX5の例

小林泰子 小林泰子氏

 日本IBM、システム製品事業システムx事業部長の小林泰子氏は、「x86サーバにおいては、メモリの最大搭載容量はプロセッサのアーキテクチャに大きく依存していた。これまでは、CPUの処理に余裕があってもメモリを上限一杯まで搭載した場合、その上限を超えてメモリだけを追加することはできなかった」としており、「メモリを搭載したMAX5とeX5チップをサーバにつなぐことで、メモリだけを拡張できる」と説明している。

 FlexNodeは、2台のサーバを接続してハードウェア資源を分配できる機能。ハードウェア資源の使用率の変動に応じて、2台のサーバを1つのシステムとして資源を集中させたり、2台の独立したサーバとして資源を分割させたりできる。

 eXFlashは、CPUとI/Oの性能ギャップを補完する技術として、ラックマウント型サーバに搭載可能なI/O拡張機能だ。HDDにして800本分のパフォーマンスにあたる24万IOPS(1秒間に実行可能な命令の数)が、SSD8個で構成される1ケージにパッケージ化されており、サーバ1台当たり最大3ケージまで搭載できる。最大容量は1.6Tバイトとなる。

早川哲郎 早川哲郎氏

 日本IBM、System x事業部テクニカル・セールス システムズ&テクノロジーエバンジェリストの早川哲郎氏は、「仮想化需要の高まりにより、CPUの処理能力は高まるものの、メモリ搭載量が追いつかずにギャップが生じている」と指摘。eX5では「CPUの性能を最大限まで引き出すことができ、仮想化による統合率も高まる」と述べた。

 eX5は、ラックマウント型サーバ「System x3690 X5」「System x3850 X5」と、ブレードサーバ「BladeCenter HX5」で採用される予定だ。

  • 仮想化環境やデータベース向けラックマウント型サーバ「System x3690 X5」

  • 最大3Tバイトの構成が可能なラックマウント型サーバ「System x3850 X5」

  • Intel x86 CPU初のCPU拡張可能ブレードサーバ「BladeCenter HX5」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]