編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「弥生シリーズ」とタイムカードが連動--交通費精算などを自動化

大川淳

2010-03-04 10:44

 クラウズと弥生は3月3日、クラウズのICタイムカードシステム「SMARTTIMECARD」と、弥生の「弥生会計」および「弥生給与」との連動が可能になったと発表した。これらの製品を併用すれば、交通費精算や出退勤データ入力などを自動化できるようになる。

 SMARTTIMECARDは、交通系ICカードやFeliCa対応の携帯電話などを使用し、リーダーに触れるだけで出退勤の打刻、交通費精算や社員の行動管理などができるタイムカードシステム。ICカードや携帯電話に記録された乗車履歴は、自動的にパソコン上に取り込めるとともに、定期券区間の差し引きや、業務と私用での乗車履歴の振り分けも可能。交通費の2重払いを防ぎ、経費の削減にもつながるという。

 このSMARTTIMECARDと、「弥生会計」「弥生給与」が連動できるようになったことにより、両社は「交通費精算データの仕訳データ化、仕訳データの『弥生会計』への取り込み、出退勤打刻データの『弥生給与』へのインポートが自動化され、従来、手作業で行っていた交通費精算と出退勤情報の集計にかかる時間的なコストの削減や、一元管理による大幅な業務効率化を実現できる」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]