開発評価限定でTeradataデータベースが無償提供--VMwareとEC2でクラウド展開

田中好伸(編集部) 2010年03月05日 19時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本テラデータは3月5日、クラウド環境向けに製品とサービスを組み合わせた「Teradata Enterprise Analytics Cloud」を発表した。第1弾としてプライベートとパブリックの両方に対応するサービスを同日から提供を開始した。

 第1弾として提供されるのは、プライベートクラウド向けの「Teradata Express for VMware Player」とパブリッククラウド向けの「Teradata Express for Amazon EC2」の2つ。米国では2009年10月から展開されている

 どちらもクラウドで同社のデータベース管理システム(RDBMS)「Teradataデータベース」を活用できるというものであり、開発と評価の2つの用途に限定して、Teradataデータベースのライセンスを無償で活用できる。プライベートとパブリックの両環境で、必要な時に必要な分だけ開発やテスト環境が構築できることから、開発の利便性や効率化を図れるとしている。

 Teradata Express for VMware Playerは、VMwareの仮想化製品で構築されたプライベートクラウド環境用のTeradataデータベースであり、社内評価やテスト目的の利用を想定している。

 開発者向けウェブサイト「Teradata Developer Exchange」から無償でダウンロードできる。64ビット対応のx86互換CPUを搭載したサーバでTeradataデータベースを短時間で構築できる。既存サーバを活用した評価や検証ができることに加えて、開発環境の統合と運用コストの削減ができるという。

 Teradata Express for Amazon EC2は、米Amazon Web Services(AWS)が提供するPaaS「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」上で利用できるようにあらかじめパッケージ化されたTeradataデータベース。柔軟な構成とコスト効果が高いというAWSのインフラストラクチャのメリットを活かして、短時間で価値を生み出したいプロジェクトなどで効果を発揮できるとしている。

 急にテスト環境が必要になった場合やある一定期間だけ複数の開発環境がほしいといったさまざまなニーズを満たして、第三者との共同開発やテストなども含めた、効率的な開発を支援するとしている。Teradata Developer Exchangeで申し込むことで利用できる。

 Teradata Enterprise Analytics Cloudは、テラデータが提供するクラウドソリューションの総称。今後順次製品やサービスを拡大していくとしており、プライベートクラウドでデータ分析を展開する「Teradata Viewpoint Portlets」やSaaSを予定している。

 Teradata Express for VMware PlayerとTeradata Express for Amazon EC2は、用途を開発や評価に限定している。日本テラデータは、本番環境がクラウド上に移行するのはまだ先とみており、「ミッションクリティカルなデータをクラウドに載せるのはまだ先のこと」と考えている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算