編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

市場でリーダーになるには「まず最初に市場参入を」--Software AG - (page 2)

藤本京子(編集部)

2010-03-09 10:54

 BPMでも同じことが起こった。Software AGがまずこのコンセプトについて声を上げ、OracleやIBMなどが次々とBPM市場に参入してきた。今回われわれが発表したコラボレーションツール「ARISalign」も、1年前にコンセプトを発表していたものだが、その後IBMも同様の動きをしている。市場に最初に参入するというのは、その分野で一番になるためにも大切なことなのだ。

--ヨーロッパにおけるBPM市場はどう発展していくと思うか。

 市場の発展は早くはないが、最近では新しいアプリケーションを導入する方法としてBPMを利用するケースが見受けられるようになった。BPMは新しいアプリケーションを開発する際に柔軟性を提供できるため、今後はプロセス駆動型アプリケーションが多く出てくることになるだろう。

--日本やアジア市場をどう見ているか。

 アジア市場は非常に幅広くて多様性に富んだ市場だ。一部アーリーアダプターもいる。日本市場については、Software AGにとって古くからの顧客であるメインフレーム向けのAdabasやNaturalのユーザーが多い市場といえるだろう。

--Software AGでは今後も数年に一度は大型買収を行うとしているが、どのような技術を買収で入手したいと考えているのか。

 買収について詳細は話せないが、今興味があるのはデータマネジメント分野だ。これ以上は何も言えない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]