編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

チェックポイント、セキュアな仮想デスクトップを構築するUSB型製品

新澤公介(編集部)

2010-03-10 17:18

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは3月9日、デスクトップ環境をほかのPCから仮想的に利用できるUSB型セキュリティ製品「Check Point Abra」を発表した。SanDiskと共同で開発した製品で、3月31日から受注を開始する。

 Abraは、外出先や在宅勤務など企業の管理下にない環境で使うPCに対して、ホストPCとは独立して動作する仮想空間を提供するUSBメモリ型の製品。AbraをPCに差し込むと、プラグアンドプレイで専用プログラムが起動し、ホスト環境とは独立した“Abra環境”が構築される。

 AbraはUSBメモリ内のすべてのデータとフォルダを暗号化する機能を搭載。また、VPN接続機能も備えており、社内のデータやサービスにセキュアにアクセスできる。各種アプリケーションはホストPCにインストールされているプログラムを実行するが、Abra環境で作成したデータがホストPCに転送されたり、ホストPCからアクセスされたりすることはない。

  • Abraのデスクトップ画面。許可されたアプリケーションのみアクセス可能

  • SanDiskと共同で開発されたAbra

小高克明 小高克明氏

 同社システム・エンジニアリング本部の小高克明氏は、「仮想ファイルとすべてのレジストリデータは、すぐにUSBに書き込まれて暗号化される」と説明。また、仮想環境では「ホストPCのOSを利用するため、追加ライセンスは不要」とコスト効果を強調している。

 システム管理者は、アプリケーションへのアクセス許可やホストPCへのアクセス制限、ファイル転送や印刷の制御といったセキュリティポリシーを設定できる。「Abraはチェック・ポイントのSmartCenterで管理機能を提供するため、ポリシーの管理やアップデートを集中的に行える」(小高氏)としている。

 動作環境は、Windows 7(32ビット)またはXP(SP2以降、32ビット)、Vista(SP1以降、32ビット)。価格は、4Gバイトが2万2000円、8Gバイトが3万2000円(ともに税別)となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]