編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

チェックポイント、セキュアな仮想デスクトップを構築するUSB型製品

新澤公介(編集部)

2010-03-10 17:18

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは3月9日、デスクトップ環境をほかのPCから仮想的に利用できるUSB型セキュリティ製品「Check Point Abra」を発表した。SanDiskと共同で開発した製品で、3月31日から受注を開始する。

 Abraは、外出先や在宅勤務など企業の管理下にない環境で使うPCに対して、ホストPCとは独立して動作する仮想空間を提供するUSBメモリ型の製品。AbraをPCに差し込むと、プラグアンドプレイで専用プログラムが起動し、ホスト環境とは独立した“Abra環境”が構築される。

 AbraはUSBメモリ内のすべてのデータとフォルダを暗号化する機能を搭載。また、VPN接続機能も備えており、社内のデータやサービスにセキュアにアクセスできる。各種アプリケーションはホストPCにインストールされているプログラムを実行するが、Abra環境で作成したデータがホストPCに転送されたり、ホストPCからアクセスされたりすることはない。

  • Abraのデスクトップ画面。許可されたアプリケーションのみアクセス可能

  • SanDiskと共同で開発されたAbra

小高克明 小高克明氏

 同社システム・エンジニアリング本部の小高克明氏は、「仮想ファイルとすべてのレジストリデータは、すぐにUSBに書き込まれて暗号化される」と説明。また、仮想環境では「ホストPCのOSを利用するため、追加ライセンスは不要」とコスト効果を強調している。

 システム管理者は、アプリケーションへのアクセス許可やホストPCへのアクセス制限、ファイル転送や印刷の制御といったセキュリティポリシーを設定できる。「Abraはチェック・ポイントのSmartCenterで管理機能を提供するため、ポリシーの管理やアップデートを集中的に行える」(小高氏)としている。

 動作環境は、Windows 7(32ビット)またはXP(SP2以降、32ビット)、Vista(SP1以降、32ビット)。価格は、4Gバイトが2万2000円、8Gバイトが3万2000円(ともに税別)となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]