編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

乗り越え方でキャリアが変わる--挫折に対処する10の方法

文:Calvin Sun 翻訳校正:石橋啓一郎

2010-03-16 07:00

 思った通りには事が運ばないこともある。望んでいた昇進が、ほかの同僚のものになった。当てにしていた契約が延期になった。重要なプレゼンテーションで、大きな問題が起きた。

 すべての人が挫折を経験する。しかし、それをどう乗り越えるかで、キャリアやほかの人の評価が変わる可能性がある。この記事では、何かまずいことが起こったときでも、生き残るためのヒントを紹介する。

1.立ち止まってよく思案する

 これが世界の終わりだと思うこともあるかも知れないが、世界は終わっていない。起きてしまったことに動揺して感情的になるよりも、手を止めてみるといい。何が起こったかをよく思案して、この事態にどう適応していくかを考え始めるのだ。立ち止まって思案する時間をとれば、状況にもより上手に対処することができるだろう。

2.腹心の友を見つける

 あなたの心配や対応について話し合える人がいれば、助けになるだろう。その人にできることがないとしても、ただ話を聞いてもらうだけで、精神状態は落ち着く。ただし、「持ちつ持たれつ」という言葉を忘れてはならない。その人が問題を抱えているときには、あなたはお返しをすることができるだろうし、おそらくそうすべきだろう。ただ単に説教をしたり、罪悪感をかき立てたりする友人は避けた方がいい。確かに、違うやり方をすべきだったのかも知れない。しかし今は、そういうことをくよくよ考える時ではない。

3.楽観的になる

 「靴がないとぶつぶつと不平を言っていたが、それも足のない男に出会うまでのことだった。」(訳注:インドの格言)

 物事のプラスの面を見ることは、難しい場合もある。しかし、ことわざにあるように、物事はもっと悪くなることもあり得たのだ。ある契約が取れなくても、ほかにも取れそうな契約はあるのではないだろうか。プレゼンテーションには問題があっても、うまくいった部分もあるのではないだろうか。よかった探しをするポリアンナのようになれとか、現実から逃避しろと言っているわけではない。しかし、残っているチャンスやうまく行ったところに集中することは、失ったものやうまく行かなかったことに囚われるよりも、精神衛生にはずっといい。

4.過去よりも未来に集中する

 「後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、・・・目標を目指してひたすら走ることです」(訳注:フィリピの信徒への手紙 3章13、14節)

 「過去のことを忘れるものは、それを繰り返す運命にある」

 これら2つの格言は、互いに矛盾しているわけではない。過去の出来事を反省することは重要だ。間違いから挫折に到ったとき、その事実を理解することは、再び同じ間違いを犯す可能性を小さくするために大切なことだ。しかし、過去を反省することは、過去の過ちについて自分を責めることとは違う。「あのとき、もし」という考え方をすることは、それで罪悪感にはまり込んでしまうようであれば、役には立たないだろう。

5.経験から学ぶ

 経験から学ぶことは大切だ。しかし、自己批判から抜け出せずにいる状態では、それは難しい。可能なら、状況を第三者の視点から見るよう心がけるべきだ。「私はここから何を学べるだろうか」と言うのではなく、「客観的な観察者なら、ここから何を学ぶだろうか」「この人(つまりあなたのことだ)のしたことは、どういう部分は効果的だっただろうか。ほかにどういうやり方があっただろうか」と問うのがいいだろう。このアプローチによって、罪悪感にはまり込んでしまう危険を小さくすることができる。問題について結論を得ることができれば、何か建設的なことを始められるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]