「Windows Phone 7」はマルチタスク?そのほかモバイル戦略についての質問と回答

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子 2010年03月17日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米ラスベガスで開幕した「Microsoft MIX 10」では、「Windows Phone 7」に関する情報がいくつも明らかになった。わたしはここで、セッションやプレスカンファレンスに参加し、Windows Phone 7開発を統括しているCharlie Kindel氏にインタビューをした。

 以下に、初日の活動から得られたWindows Phone 7に関する情報を紹介したい。Microsoftのモバイル戦略を解き明かそうとする開発者や顧客が抱いているであろう質問と回答という形式で列挙する。

Q:Windows Phone 7端末はマルチタスクが可能か?

A:Kindel氏によると、Windows Phone 7の一部となっているMicrosoft独自の「エクスペリエンス」ではマルチタスクが可能だ(つまり、音楽を再生しながら電子メールアプリケーションを利用する、といったことができる)。だが、サードパーティーのアプリケーションに同じようなマルチタスク機能はないとのことだ。開発者は、アプリケーションが常時ライブであると思わせるような通知機能のようなものを使うことはできるという。さらに、最新のユーザーインターフェイス(UI)の一部である“ライブタイル”は、常時リアルタイムで更新される(通知機能を経由することも可能)。将来、バッテリー持続時間、ネットワーク利用、アプリケーションの予測可能性が改善されれば、マルチタスクを全てのアプリケーションで可能にしていくとKindel氏は述べた。

Q:新しい「Windows Phone Marketplace」だけでしか、Windows Phone 7で動くアプリケーションをダウンロードしたり購入できないのか?

A:イエスかノーかなら、イエスだ。Microsoftはモバイルコンテンツの配信メカニズムを合理化する方針で、アプリケーションやコンテンツは同マーケットプレイスでしか購入できない、とのことだ。しかし、業務用コンテンツや社内用ベータなど、他の配信メカニズムを必要としている開発者や企業もいる。「これについては、2010年春以降に詳細を説明する」とモバイルプラットフォームサービスの製品管理担当上級ディレクターのTodd Brix氏は述べた。

Q:Windows Phone 7でサポートする開発言語は?

A:現時点では、C♯のみだ。Kindel氏は、Visual Basic、C++などの.NET技術に関心のある開発者がいることを認めて、将来これらの言語をサポートする可能性があると述べた。だが、Windows Phone 7でのMicrosoftの開発戦略は、XAML開発なら「Silverlight」を利用し、インタラクティブや3Dゲームなら「XNA」を利用する、というものだ。サポートするSilverlightのバージョンは、「Silverlight 3」となる(2010年4月にリリース予定の「Silverlight 4」ではない)。Windows Phone 7プラットフォーム向けツールのコミュニティーテクノロジプレビュー(CTP)版は、米国時間3月15日時点でダウンロード可能となっている。

Q:エンタープライズ開発者/顧客向けの戦略は?Windows Phone 7はエンタープライズも視野に入れているのか?

A:Kindel氏は、第1世代のWindows Phone 7のターゲットはビジネスユーザーというよりコンシューマーであることを認めている。「大企業がWindows Phone 7端末を従業員向けとして大量に購入するとは想定していない」とKindel氏は述べている。Microsoftは、エンタープライズでの利用が限定的なコンシューマーをターゲットとしており、エンタープライズが既存の「Windows Mobile」アプリケーションを最新のプラットフォームにマイグレーションするツールを提供する計画についても、現時点ではないという。

Q:「Dorado」(「Zune」のPC向けソフトウェア)とWindows Phone 7端末との関係は?

A:Doradoは、携帯電話と同期するのに必要な「唯一のソフトウェアになる」とKindel氏は言う。「ActiveSync」をリプレースし、携帯電話にある全てのオーディオ/動画コンテンツを同期する導管となるのがDoradoだ。Doradoがこれに加え、Windows Phone OSの更新をユーザーの端末に「OTA(Over The Air)」でアップデートする手段となるのかについては、Kindel氏は回答してくれなかった(これについては、2010年中に詳細を明らかにするとのことだ)。

 Microsoftはまた、Windows Phone 7向け開発ツールやWindows Phone OS 7.0の正式版の公開時期についても明らかにしていない(質問したところ、返ってきた答えは「2010年の年末商戦までに端末が出荷するのに合わせる」だった)。また、「ZunePass」サブスクリプションサービスの今後の計画について聞いたときも、「音楽の課金計画については、今後数カ月以内に話をする」というあいまいな回答だった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化