IFRS「任意適用」を目指す企業は4%--ディーバがユーザー企業に対する調査結果を発表 - (page 2)

ZDNet Japan Staff

2010-03-16 20:06

 マネジメントアプローチの2010年度からの適用を考えると、比較対象年度として2009年の数値の作り直しが発生する。新基準下でのセグメント体系を早急に確定させ、新体系での情報作成方法やプロセスを準備しておくだけではなく、当年度のセグメント情報の再作成に取りかかることが企業に必要とされているという。その意味では「未定」ではあるものの、水面下では急ピッチで準備を進めていることは間違いないと思われるとディーバでは推測している。

マネジメントアプローチ導入に伴うセグメント区分の見直し マネジメントアプローチ導入に伴うセグメント区分の見直し(出典:ディーバ)

 また、セグメント情報の作成方法に関して尋ねたところ「管理会計をベースに整合性を調整」するとの回答が15%あった。こうした企業はマネジメントアプローチへの理解と、制度会計と管理会計の整合性や融合性を図ることが、進んでいるとみられるとディーバでは評している。一方、「従来通り連結財務諸表から作成」すると答えた企業は54%だったという。

 連結決算部門において連結業務以外で優先度が高い課題について、順位付けで回答を得たところ、多くの企業が「最も優先度が高い」としたのは「(決算開示の)早期化」だったという。ディーバでは、昨今のIFRSアドプションへの注目度から「IFRS対応」が最も多くなると想定していたが、企業にとっては依然として「早期化」が重要なテーマであることが浮き彫りになった。

 また、別のアンケート項目では「内部統制対応」について半数を超える企業が重要な課題としてあげており、企業が内部統制の初年度対応から継続的な運用にシフトして取り組んでいることが想像できるとしている。決算部門が早期化を目指しつつも、一方でIFRS対応や内部統制の継続的な運用を行うことになるので、限られた人員で連結業務に対処していくためには、効率化という視点が今後も必要になると思われるとディーバではコメントしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]