編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

富士通、データセンター向け高密度サーバ発売--集中冷却で消費電力と設置スペースを削減 - (page 2)

大川淳

2010-03-17 18:55

 また重量は、従来のラックマウントサーバで同等の構成にした場合と比較し、1ラックあたり約40%の軽量化を実現しており、床の耐荷重による設置上の制限にも柔軟に対応できる。たとえば、床が耐えられる荷重が、1平方メートルあたり500kg以下であれば、31台までしか搭載できなかったが、PRIMERGY CX1000では38台フル稼働できる。

 消費電力の削減も、同冷却方式の成果だ。従来、1ラックあたり300個以上搭載されていた冷却ファンをなくしたことにより、1ラックあたりの消費電力を従来製品(PRIMERGY RX200 S5)と比べ約13%削減している。これも同様に、1ラックあたりの消費電力が6kW以下との制限があれば、従来24台しか搭載できなかったものが38台フル稼働できるようになる。

 さらに、ユーザビリティの向上も注目される。従来、設置や保守の際には、前方と後方の両側から作業をしなければならなかったが、今回、すべてのインターフェースはサーバノードの前面に配置している。サーバノードとラック間の電源を直結し電源ケーブルをなくしたため、ラック前方から全作業ができ、作業工数を削減できる。また、サーバノード単体の軽量化で、設置や保守作業時の作業者の負担も軽くなる。

 富士通では、データセンター事業者15社、ネットサービス企業20社に聞き取り調査を行い、データセンターが最近抱えている主な課題を探ったところ「電力・設置面積コスト、保守・運用コストの上昇」「消費電力や床加重の制限により、もっと多くのサーバを設置したくてもできない」「デッドスペースの増加」といった声が寄せられたという。PRIMERGY CX1000は、これらの課題に応える高密度サーバプラットフォームとして位置づけられるという。

 販売価格は、Xeon E55062基、HDDなし、メモリ2Gバイト×8のサーバノード38台を搭載した最小構成で1480万円(税別)から。目標販売台数は、2010年度に国内で100ラック(3800ノード)としている。

集中冷却方式 PRIMERGY CX1000では「集中冷却方式」により、冷却ファンの数を大幅に削減。省スペース化、軽量化、省電力化を実現している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]