編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日商エレと日本HP、BladeSystem Matrixで協業--プライベートクラウドを短期間で

大川淳

2010-03-18 18:33

 日商エレクトロニクスと日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は3月18日、統合プラットフォーム「HP BladeSystem Matrix」の日本市場への展開で協業すると発表した。BladeSystem Matrixと日商エレのIT基盤構築サービス、ネットワークインテグレーション(NI)サービスを組み合わせ、プライベートクラウド環境を短期間で構築するソリューションを提供する。

 BladeSystem Matrixはブレードサーバ「HP BladeSystem」をベースに開発された統合プラットフォームで、ブレードサーバ、ディスクアレイ、仮想化ソフトウェアを含む管理ソフトウェアなどをパッケージとして提供するアプライアンス。2009年から日本HPが販売している。

 今回の協業でBladeSystem Matrixをベースに、日商エレが多くの実績をもつ、IT基盤構築をはじめとするNIサービスやテンプレート開発、ワンストップ保守、検証ファシリティによる顧客企業の検証環境など、独自のサービスを付加し、データセンター向け統合プラットフォームソリューションとして提供する。価格は3000万円から。

 両社は相互技術支援と検証活動も実施する。3月下旬に日商エレの新技術サービスセンター「NETFrontier Center」にBladeSystem Matrixを設置し、検証センターを開設する。同センターでは、BladeSystem Matrixの実環境で導入前の検証、運用方法の検討などができる。プライベートクラウド市場拡大に向けた営業活動やマーケティング活動でも協力する。

 両社は、BladeSystem Matrixについて「従来のブレードサーバの優れた運用管理性や省電力性、リソースプール化や自動化機能に加え、あらかじめ用意されたテンプレートの利用により、手作業で時間がかかっていたアプリケーション設定作業時間を大幅に短縮できる。企業はビジネス環境の変化に迅速に対応でき、企業内IT環境を全体最適化するプライベートクラウド環境が短期間で構築でき、企業全体のIT投資の効率化、戦略的IT構築へのさらなる投資が可能になる」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]