編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

これからは“見せる化”--ウイングアーク、Dr.Sum EAの新フロントツール

田中好伸(編集部)

2010-03-25 14:50

 ウイングアーク テクノロジーズは3月24日、ビジネスインテリジェンス(BI)エンジン「Dr.Sum EA」のユーザーインターフェース(UI)製品「Dr.Sum EA MotionBoard」を3月31日から出荷することを発表した。価格は1サーバ420万円。初年度30本の販売を目指す。

 BIのフロントツールとなるMotionBoardは、ユーザー専用のダッシュボードを作成して、そのボード上でDr.Sum EAのデータを用途に応じてチャートや明細データを使って集計分析できる。加えてグラフや画像などさまざまな情報をボード上で扱える。

 情報はボードの好きな位置に配置でき、自由自在に拡大、縮小、移動して見られるようになっており、見たい情報に効率よくたどりつけるようになっている。また、データの異常値をアラートで知らせたり、定期的に集計結果をPDFファイルで配信するプッシュ機能を搭載する。重要な情報やデータを見逃さないように、MotionBoardが自動的に情報を配信する。単純な見える化だけではなくて、見せる化の仕組みを構築できるようになっている。

画像1 MotionBoardの活用例。ボードにいくつものチャートを掲載できる
※クリックすると拡大画像が見られます

 一般的なBIのダッシュボードは、1つの画面に複数のチャートやグラフが表示されているが、その詳細や内容を確認するために、ほかの資料を別途見る必要がある。今回のMotionBoardは、開発時にチャートの種類や見せ方を決めて設計され、導入後は固定のチャートを見せるだけという、これまでのダッシュボードの枠組みに収まらないとウイングアークは説明する。

 ユーザーが作成したチャートは、ユーザー自身が好きなように棒チャートや円チャートへと種類を切り替えられ、そこから気になるデータをドリルダウンできるようになっている。たとえば担当エリアだけを絞ってみる、地域レベルで大きく見る、店舗単位の状況を見る、取引明細まで細かく見ていくことで、なぜそうなっているのか原因を掘り下げられる。

画像2 あらかじめ設定した値を超えるとアラートとして表示される。見える化に加えて見せる化の仕組みにもなる
※クリックすると拡大画像が見られます

 またMotionBoardは、チームごとや部署ごとにボードを共有できる。たとえば営業向けのボードであれば、プレゼン資料や提案資料などのファイル共有、前月の数字がしまったことをコメント入力しておくと、ボードにログインしたメンバーが最終の数字をチャートで確認できるといった仕組みを構築できる。これが経営者向けであれば、来期の予算値を決めた背景にある各資料をボードにアップすることで、過去の実績や算出に使用した詳細なExcelのファイル、来期の経済状況の見通しが書かれてあるウェブページを共有する、などのことがボード上で完結できるという。

 ウイングアークはこれまでBIフロントツールとして業務現場向けの「Dr.Sum EA Datalizer for Web」、マネージャー向けの「Dr.Sum EA Datalizer MotionChart」、経営企画部門やマーケティング部門向けの「Dr.Sum EA Datalizer for Excel」、経営層向けの「Dr.Sum EA Visualizer」などを提供してきている。

 Datalizer for Webは簡単な分析ができる半定型のレポーティングであり、Datalizer MotionChartはチャートでのオンライン分析処理(OLAP)という位置付けだ。Datalizer for Excelは、Excel上で自由に分析するツールであり、経営企画やマーケティングなどのパワーユーザー向けと同社は説明する。Visualizerは、経営コックピットを構築できる。

 今回のMotionBoardについて同社はパワーユーザー向けツールと位置付けている。パワーユーザー向けとしてはDatalizer for Excelがあるが、Datalizer for Excelは分析がメインであり、MotionBoardはダッシュボードがメインだが、データのドリルダウン分析もできるという違いがある。

 MotionBoardは3月31日から出荷されるが、半年後にはサービスパック(SP)1のリリースを予定している。SP1では、社外のウェブサイトに蓄積されるデータを取り込んで連携するといった機能が追加される予定としている。

Dr.Sum EAのラインアップを拡充

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]