編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日立ソフト、通信事業者向けパッケージにコンビニ収納機能などを追加

富永恭子(ロビンソン)

2010-03-31 20:43

 日立ソフトウェアエンジニアリング(日立ソフト)は3月31日、通信事業者向け営業および経営サポートパッケージ「BSSsymphony」に、コンビニエンスストアでの収納とオンラインバンキング決済機能を追加し、4月1日より提供開始することを発表した。

 BSSsymphonyは、通信事業者における顧客管理、請求計算、決済、入金の基本コンポーネントを提供するパッケージ製品で、料金を管理するビリングやCRMなどで営業および経営活動をサポートするシステム「Business Support System(BSS)」が低コストかつ短期間で導入できるという。

 通信事業者のように会員サービスを展開している事業では、24時間365日営業しているコンビニエンスストアやオンラインバンキングでの入金を希望する会員が非常に多く、BSSに対するコンビニ収納やオンラインバンキングによる決済のニーズは高まっているという。

 日立ソフトでは、今回BSSsymphonyに「コンビニ収納決済機能」と「オンラインバンキング決済機能」を追加することで、通信事業者がBSSを導入する際、早期にシステムが構築でき、サービスが提供できるとしている。また、新たに「オンライン収納用決済機能」を追加することで、スマートリンクネットワークが提供する「オンライン収納代行サービス」との連携を強化させ、従来提供してきたクレジットカードによる決済の他にコンビニ収納やオンラインバンキングによる決済まで、サポート領域を拡大したとしている。これにより、コンビニ収納とPay-easyなどのオンラインバンキングが利用できるという。

 BSSsymphonyの提供価格は、ベース機能を備えたBSSsymphony for ISPが3255万円からで、同じくベース機能のBSSsymphony for 簡易会員管理が1470万円。オプション機能のBSSsymphony オンライン収納用決済機能は210万円になるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]