モジラ、レンダリング機能の高速化に向けて開発を加速へ

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、長谷睦

2010-04-01 14:04

 ブラウザメーカー間の競争が激化する中、特に競争の激しいハードウェアベースのグラフィックアクセラレーションに関する分野で、Mozillaが開発日程を前倒しすることになった。

 Windowsにおいては、この取り組みはグラフィックス処理ユニット(GPU)を利用して画像およびテキストの処理と表示を高速化する技術「Direct2D」と「DirectWrite」のサポートという形をとる。Direct2Dのサポートは、「Internet Explorer」(IE)の次期バージョンである「IE 9」の目玉機能の1つだが、Mozillaのブラウザ「Firefox」の開発者たちも同機能のサポートに向け取り組んでいるところだ。

 そして今回、メーリングリストのメッセージによれば、Mozillaのグラフィックス担当チームは自らに期日を課したようだ。それは、Direct2DをサポートするFirefoxについて、少なくとも一部マシンで動作する開発者プレビュー版を第2四半期末までに公開することだ。

 この機能が導入されれば、ユーザーの操作に対してFirefoxが反応する速度が向上するはずだと、開発者のJoe Drew氏はメッセージの中で述べている。

 だが、この目標に対し、同じくMozillaの開発者で、Firefoxの各プロセスを別々のメモリ空間に分割する取り組み「Electrolysis」に参加しているBenjamin Smedberg氏は懸念を示し、次のように書いている。「私の知る限り、現行のリリースロードマップでは、6月中旬に『(mozilla-)1.9.3』のベータ版を完成させ、10月に(正式版を)リリースする予定となっている。これらの(Direct2Dに関する)目標をアルファ版(である開発者プレビュー版)に定めることは、(1.9.3については)リリーススケジュールが守れなくなることを意味する」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]