総務省、市町村業務の標準化を検証する協力事業者を募集

Emi KAMINO

2010-04-02 19:28

 総務省は4月1日、市町村の業務にクラウドを導入する「ブロードバンド・オープンモデル」への協力事業者の募集を開始した。

 ブロードバンド・オープンモデルは、市町村が共通のウェブアプリケーションを全国的に使用し、光ファイバーとクラウドサービスを活用して業務を遂行するというもの。総務省が2009年11月から開催している「光ブロードバンドの活用方策検討チーム」の試算によると、同モデルの導入で開発運用コストが、メインフレーム方式の約3分の1、クライアント・サーバ方式の約2分の1に圧縮できるという。

 ブロードバンド・オープンモデルでは、特別区や地方公共団体の組合を含む業務の標準化の可能性を検証する「Webによる行革可能性検証」と、セキュリティを検証する「実運用試験」という、2段階の検証をする。

 Webによる行革可能性検証では、市町村の業務である住民税や国民健康保険などについて、現行で運用している業務システムと既成の市町村向け業務用パッケージソフトを、データ項目、処理機能、ITリスク管理について比較。これにより、今回の検証事業に協力する市町村間の業務の標準化の可能性を判断する。

 検証事業への応募対象は、パッケージソフトを所有する事業者。パッケージソフトのデータ項目や処理機能の情報提供、協力自治体からの要望などに回答することが条件となる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]