編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

シトリックス、WAN最適化とセキュアアクセスの仮想アプライアンス発表

大川淳

2010-04-02 14:51

 シトリックス・システムズ・ジャパンは4月1日、リモートオフィスやブランチオフィス向けのWAN最適化仮想アプライアンス「Citrix Branch Repeater VPX」と、あらゆる場所からアプリケーションへの安全なアクセスを実現するセキュアアクセス仮想アプライアンス「Citrix Access Gateway VPX」発表した。価格はオープン価格。

 2つの新製品は、2009年に発表したアプリ配信高速化の仮想アプライアンス「Citrix NetScaler VPX」と同様に、ソフトベースの新しい仮想アプライアンスであり、ハイパーバイザ上で仮想マシンとして動作する。

 Branch Repeater VPXは、物理的な設置スペースや電源容量に制約の多いブランチオフィスやリモートオフィス環境のもとで、ファイルサーバやプリントサーバと同じ物理サーバ上に導入できるという。また、データセンター側では必要に応じて迅速にプロビジョニングでき、同社は「ユーザーの需要増に機敏に対応できる」としている。

 Access Gateway VPXは、専用ハードウェアの設置スペースとコスト、消費電力を抑えながら、SSL-VPNアクセスゲートウェイ機能を仮想サーバで実現できるという。

 同社では「従来の物理アプライアンスは堅牢である反面、調達に時間を要し、ハードの設置作業や設置スペースなど、機敏性や柔軟性の点で最新のデータセンターやクラウド環境での利用が難しい場合があるが、シトリックスの仮想アプライアンスは、業界標準のハードウェアと仮想化インフラ上でアプライアンスの利便性と堅牢性を実現でき、ITサービスの経済性と機敏性を大きく改善することができる」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]