編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

NTTデータ、クラウドサービス全メニュー提供へ--名称を「BizXaaS」に変更 - (page 2)

田中好伸(編集部)

2010-04-08 20:12

 クラウドでは、クラウド運用者と特別の手続きせずに直接利用できる“セルフサービス”がメリットのひとつとされる。NTTデータ先端技術が提供するフルOSSクラウド構築ソリューションでは、セルフサービスを提供するために、OSSのクラウド基盤「Eucalyptus」を採用している。EucalyptusはAmazon Web Services(AWS)互換のAPIを持っており、ハイパーバイザとして「Xen」と「KVM」を利用できる。

 Eucalyptusをベースとすることで、フルOSSクラウド構築ソリューションで利用する仮想マシンのイメージとAWSで利用可能な仮想マシンのイメージの相互変換が可能だ。システムの規模やセキュリティ要件の変化に伴って、商用のクラウドからプライベートクラウドから移行したいといった要望に応えられるという。

 フルOSSクラウド構築ソリューションでは、Eucalyptusに不足しているとされる運用管理系機能を強化したという。仮想マシン管理やLDAP認証、ユーザーごとのリソース管理制限などの機能を追加している。また今回のソリューションでは、Windowsの仮想マシンイメージにも対応している。Windows上でのアプリケーション開発などもに利用できるとしている。

 フルOSSクラウド構築ソリューションは利用申し込み受付を4月8日に開始、実際の提供開始は2010年度上期を予定している。価格は個別見積もりとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]