編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IIJ、独自開発の次世代ネットワーク管理フレームワークが日米で特許を取得

吉澤亨史

2010-04-09 15:00

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は4月8日、同社が独自開発した次世代ネットワーク管理フレームワークである「SMFv2」について、日本と米国で特許権を取得したと発表した。他社のネットワーク機器が集中管理できるなどの独自性が認められたという。

 SMFv2は、IIJが2003年に特許を取得しているネットワーク管理フレームワーク「SMF」の発展技術。IIJが無償で提供する自動接続ライブラリを機器にあらかじめ組み込むことで、家電製品やクラウドサービスのサーバ設備など、IIJのルータ「SEIL」以外のネットワーク機器も集中管理できる。

 また、SMFv2で管理する機器に対して、必要な機能を自由に付加できるオートジェネレーション機能を提供。これにより、機器だけでなく機器に付随する機能やアプリケーションなども必要に応じてユーザー自身が追加、削除できるようになっている。

 IIJによると、SMFv2はすでに、IIJの中小企業向けイーサネットサービス「LaIT プライベートイーサ」や、NECネッツエスアイのWANソリューション「SASDAKE」のシステム基盤として利用されているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]