編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

グローバルに活躍するための4つのステップ--エリック松永の英語道場(47) - (page 3)

エリック松永

2010-04-16 08:00

 どうですか? 具体的に書けば書くほど、実現可能だと感じてきませんか? そうなんです。仕事でもプライベートでも同じですが、人にとって一番の不安材料は先が見えないことなのです。ですので、今後行き詰まることがあれば、課題が何かを考え、解決するためのアクションを書き出してみてください。

Page 4: 忘れちゃいけないモチベーション

まつながみか イラスト: まつなが みか

 これで十分と思いがちですが、最後のポイントがあります。それは、学び続けるためのモチベーションです。社会人生活には、3年で卒業といった区切りがありません。継続して努力するために、自分の中で息抜きや楽しみを意識的に入れることが重要です。

 実は、この「エリック松永の英語道場」の一番の目的は、英語という挫折しがちな「お勉強」を、色々な視点から見て発見や気づきのきっかけにしてもらい、「英語って楽しいんだなぁ」「英語がわかるとこんなに深いんだなぁ」と思ってもらうことなのです。こうして英語の楽しさや深さが実感できると、みなさんも英語に触れることをやめませんよね。英単語の暗記をサボっても、この英語道場を毎回読んでいれば、色々な興味が沸いて英語に触れられると思います。自分の興味がある分野を見つけて、どうすれば英語に継続的に触れていられるかを考えて、箇条書きにしてみましょう。

 ちなみに私の場合は、映画と音楽です。テレビやビデオで観る映画は字幕なしの英語のままで、好きな音楽の歌詞は自分でディクテーションして訳してみる。興味のあるアーティストや俳優さんは、本国のホームページで調べるなどして、英語の世界を(勉強と感じることなく)楽しんでいます。映画や音楽の話は、過去の英語道場の記事にも面白い話がありますので、再度チェックしていただけるといいかもしれません。

 「継続こそ力なり!」--この言葉を約10年後に実感するのが社会人生活です。とにかく「ゼロ」にすることなく、継続して努力する習慣をぜひ身につけていただければと思います。そして、アクションプランの中に、

  • エリックの英語道場を欠かさず読む

 を入れていただけると最高に嬉しいです!

Peace out,
Eric Matsunaga

Eric
筆者紹介

エリック松永(Eric Matsunaga)
Berklee College of Music、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科(修士)卒業。19世紀の米国二大発明家Graham Bellを起源に持つ米国最大の通信会社AT&Tにて、先進的なネットワークコンサルティングの領域を開拓。その後アクセンチュアにて、通信分野を柱に、エンターテインメントと通信を活用した新事業のコンサルティングをグローバルレベルで展開する。現在、通信業界を対象にした経営コンサルタントとして活躍中。著書に「クラウドコンピューティングの幻想」(技術評論社)がある。TwitterのIDは @EricMatsunaga。

イラストレーター: まつなが みか
つぶやく日本人や音楽にまつわる「人」のイラストを描く。CDジャケット、ショップ、雑誌等で活動中。エリック松永の愚妹。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]