「基本」の意味を再考したい、一味違うOS5選 - (page 2)

海上忍

2010-04-15 14:44

FreeDOS

 FreeDOSは、その名が示すとおりMS-DOS互換のオペレーティングシステム。スタンドアローンで動作可能なMS-DOS(最終バージョンはv6.22)と100%ともいわれる互換性を実現、MS-DOS時代の資産を現在のPCで利用することができる。日本語対応を施した「FreeDOS/V」も公開されているので、「松」や「桐」も動作する。Windowsのように、エンハンスドモードでの動作が必要なものは対応しないが、それ以外のアプリケーションはほぼすべて動作する。

 このFreeDOS、FAT32や省電力管理機構(ASPI)など、MS-DOSのディスコン以降に登場した機能も用意されている。単なるオープンソースによるMS-DOSの再実装ではないところもポイントだ。

ReactOS

 Windows用アプリケーションをWindowsに束縛されずに利用したい、というニーズはかなり以前から存在する。Win32 API互換のランタイム環境「Wine」しかり、訴訟沙汰にまで発展した「Lindows」(後年のLinspire)しかり。

 ここに紹介するReactOSも、Windows用アプリケーションを活用する幅を広げるべく立ちあげられたプロジェクトだ。Windows XP(当初はNT)とのバイナリ互換を目標として1998年に活動を開始、以降Wineプロジェクトの成果も取り入れつつ、高いレベルでの互換性を実現している。日本語の処理を含む国際化対応はこれからだが、DirectX相当の「ReactX」など、注目すべき要素は多い。

関連記事

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]