編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

マイクロソフト、Windows管理のクラウドサービス「Windows Intune」を発表

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2010-04-20 19:08

 Microsoftは米国時間4月19日、自社がホスティングするクラウドサービス「Windows Intune」を発表した。

 Windows Intuneは開発に1年以上を要した技術だ。Microsoftは2009年春、システム管理のクラウドサービス「System Center Online Desktop Manager(SCODM)」計画を大々的に披露した。SCODMは「Jupiter」という開発コード名を持つもので、限定テストに入ったが、そのまま消滅したかのようにみえた。

 Windows Intuneは、SCODMに新たなライセンスとWindowsの成果物を加えたもので、SCODMの再ローンチとなる。まずは、5月16日までに申し込みをした米国、カナダ、メキシコ、プエルトリコの企業1000社を対象に提供する。

 Windows製品管理部門のディレクターSandrine Skinner氏によると、Windows Intuneでは、SCODMテスターからのフィードバックに基づき、主として中規模企業向け(PCの台数が25〜500台)にポジショニングを変更したという。この規模の企業では、年間ライセンスプランのSoftware Assuranceに加入していないことが多い。

 Windows Intune(開発コードは「Florida」に変更されている)の目標は、管理者がどこからでもPCを管理したり安全にできる手段を提供することだ。Windows IntuneはオンプレミスのWindowsとWindows管理ツールの2つのコンポーネント、オンライン管理、セキュリティサービスなどで構成される。

 顧客は、現在、Software Assurance契約を結んでいる顧客のみに提供されている「Windows 7 Enterprise Edition」「Microsoft Desktop Optimization Pack(MDOP)」、デスクトップ実装・管理ツールセットを利用できる。

 「Enterprise Agreement顧客がSoftware Assuranceで得られるメリットを、Software Assuranceに加入することなく利用できる」とSkinner氏は述べる。

 クラウド側ではSCODMと非常に似通った内容となり、ウェブベース管理コンソール、デスクトップモニタリング・設定、更新管理、リモート支援、資産管理などの機能も含まれている。

 (次のスライドは、SCODM発表時のものだ。比較用に掲載する。)


 Windows Intuneサービスは、「Microsoft Malware Protection Engine」(コンシューマー向け無料サービス「Microsoft Security Essentials」と企業向け「Forefront」で利用されているマルウェア対策/ウイルス対策エンジン)上に構築されている。「Windows XP」「Windows Vista」「Windows 7」にクライアントベースのソフトウェアをインストールすることで、管理者は企業ネットワークの外にあるものも含め、ユーザーのマシンにセキュリティポリシーを設定できる。

 Skinner氏によると、Windows Intuneの正式版は今後1年以内に提供する予定という。価格など詳細については提供時に明らかにするとのことだ。

 Windows Intuneに対して、企業はどのような反応を見せるだろうか?Windows 7 EnterpriseとMDOP機能が加わったことで、魅力的で使い勝手のあるツールとなっただろうか?

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]