時には勇気を--キャリアを潰さずに大きなITプロジェクトを中止する方法

文:Marc Schiller 翻訳校正:石橋啓一郎 2010年04月23日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 Christineは、中規模の製造業の会社で最高情報責任者(CIO)を務めている。彼女は18カ月間のスケジュールで、200万ドル規模のSAPの拡張プロジェクトを進めて1年経ったところだが、控えめに言っても、物事は計画通りには進んでいない。実際のところ、本当の問題は、このプロジェクトが今後も絶対に計画通りには進まないことが分かっているということだ。Christineは、四半期ごとに開かれる運営委員会で、悪いニュースを報告することになり、思いを巡らしている。

 「SAPの連中がこのシステムに数多くの新モジュールを追加するという話をするのを、私が聞き入れてしまったことが信じられない。ソフトウェアがその段階に到っていないことを知っているべきだった。連中はそのソフトウェアを企業買収で手に入れたばかりなのだから、まだSAPのコアモジュールに新しいコードを統合する作業の途中なのは分かりきっていた。自分に蹴りを入れてやりたい。もっと分かっているべきだった。買収後に何もかもうまくいくわけなんかないのに」

 「このプロジェクトは簡単なもので、顧客のニーズに合わせるための単純な統合作業のはずだった。それがどうだろう。6カ月も延びる上に、費用もさらに200万ドルかかるとは」

 「問題が起こっていて、このプロジェクトの中止も検討しなくてはいけないなんて話、役員たちにどう話せばいいの」

 どこかで聞いたような話だろう。

 上級のITリーダーなら、みなこのような困難にぶつかっているはずだ。そんなときには、もしクビにならなかったとしても、昇級やボーナスは犠牲になったはずだ。しかし最悪なことは、他の役員からの信用に傷が付いてしまうことだ。

 では、このような状況をどう扱ったらいいのだろうか。自分のキャリアを台無しにせずに、大型プロジェクトを止めるにはどうしたらいいだろう。

 Christineの問題を解決する前に、まずは彼女自身と彼女の置かれている状況について詳しく見てみよう。

 確かに、彼女のプロジェクトには問題があるが、ITリーダーの成功とは、決してプロジェクトを失敗させないということだろうか?大企業のITリーダーが、1度も悪いニュースを伝えずに済むなどということが、本当にあり得るだろうか?考えにくいことだ。

 ITプロジェクトは、ビジネスを支えるために、常により高いレベルを目指している。したがって、中には失敗する場合も出てくる。販売部門やマーケティングの部門も、すべての場面で100%成功したなどと言うことはできないはずだ。もし、影響力のあるITリーダーになりたいのなら、ただ問題のあるプロジェクトに対処するだけでなく、それらのプロジェクトを利用して、自らのリーダーシップを示し、他の役員に対する政治的資本を作り上げる方法についても知っておいた方がいい。

 Christineはいくつかの理由で苦境に立たされているが、これらはどれもプロジェクトの詳細に関わるものではない。

  1. Christineは自分の仕事と評判について気にしている。彼女は個人的な責任を回避しようとしておらず、会社のすべてのITプロジェクトに対して同じように個人的な責任を感じている。しかしこれは問題だ。彼女はすべてのITプロジェクトに個人的な責任があると考えている(そしてそう振る舞っている)が、これは誤りだ。(ここでは、「職務的に」ではなく「個人的に」と書いた。この2つには大きな違いがある)
  2. Christineは一流のITプロジェクトマネージャーだ。彼女が管理するプロジェクトは失敗しない。このため、プロジェクトの成功に備える方法は知っているが、失敗に備える方法についてはまったく知らない。念のために書いておくが、これは彼女の失敗ではなく、プロジェクトの失敗だ。
  3. Christineはビジョンを持った人物であり、プロジェクトが会社にもたらす素晴らしい効果を理解し、その可能性について前向きに捉えている。不幸なことに、この前向きさによって、Chrsitine自身がこのプロジェクトの提唱者であり支持者になってしまったため、自分の顔を潰さずにプロジェクトを中止するのが難しくなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]