編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

組み込み用OS「Windows Embedded Standard 7」がRTMに

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:編集部

2010-04-28 12:44

 Microsoftは米国時間4月27日、Windows 7をテレビ、セットトップボックス、電子看板、およびその他のデバイスで実行するための開発作業を完了したと発表した。

 中でも同社は、この新OS「Windows Embedded Standard 7」では「Windows Media Center」が新しい種類のデバイスで動作することを強調している。「Windows Embedded Standard 7」は、4月27日にカリフォルニア州サンノゼのESC Silicon Valleyカンファレンスで発表された。

 MicrosoftのWindows Embedded担当ゼネラルマネージャーのKevin Dallas氏は、「Windows Embedded Standard 7のリリースにより、当社はコンシューマーとエンタープライズ向けに特化したデバイス市場に対する、Windows 7テクノロジのコミットメントを強化することができた」と語った。

 Microsoftは先週行われた四半期決算の発表で、Windows 7のPCバージョンは、すでに全世界のコンピュータの10%以上で稼働していると述べた。

 同社は2009年9月のESC Bostonで、当時はQuebecというコードネームで呼ばれていた同組み込みソフトウェアを初めて発表した。その時点ではこのソフトウェアは「Windows Embedded Standard 2011」と呼ばれていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]