編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

アップルのiPadってどうなの? - (page 2)

文:Natasha Lomas(silicon.com)  翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2010-05-05 07:00

--要するに、タッチセンサーの付いたガラスが使われている中型のデバイスっていうわけだ。

 そうだね。だけど、Appleのすべての製品と同様に、重要なのはソフトウェアだ。

 AppleはiPad用のアプリケーションとして、カレンダープログラムや、縦横で表示形式が切り替わる電子メールクライアント、そしてもちろん電子書籍リーダーアプリケーションとしてiBooksなどを開発したんだ。ただしiBooksは現在、米国でのみ利用可能となっており、他の市場で電子書籍機能が利用可能になるかどうかはまだ明らかにされていない。

iPadアプリケーション iPad上で実行されているThe New York Timesのアプリケーション(写真提供:James Martin/CNET)

--iPad用アプリケーションはいくつぐらいあるの?

 Appleによると、同社が開発したものも含めて、iPad用として開発されたものは現在1000本を超えているということだよ。

 既に、AppleがiPad用に開発したアプリケーションの数を上回るサードパーティー製のアプリケーションが利用可能となっているんだ。これらの中には例えば、The Wall Street JournalやNew York Times(上記の画像を参照)といったニュース購読アプリケーションや、ScrabbleといったボードゲームからF1 2010のようなレーシングゲームに至るまでのゲーム、テキストブック形式の情報アプリケーション、そしてMarvel Comicsのコミック閲覧アプリケーションやEpicuriousというレシピ検索アプリケーションなどがあるよ。

 今後さらに、興味深いアプリケーションが登場してくるだろうね。出版社のPenguin Groupが作成したiPad用アプリケーションのコンセプト動画では、出版社がiPad版の書籍や教科書にインタラクティブな要素をどのように取り入れようとしているかを知ることができるし、VIVmag誌のインタラクティブなiPad機能のデモ動画では、iPadによって雑誌が発展していく可能性を垣間見ることもできるよ。

 iPadのために開発されたアプリケーションだけではなく、既存のiPhoneアプリケーションのほとんどはiPadでも利用可能なんだ。こういったアプリケーションは、最初はディスプレイの中央に表示されるけど、ディスプレイ全体に拡大表示させることもできるよ。

 iPadアプリケーションは既に、iPadユーザーの人気を得ているよ。Appleによると、iPadを購入したユーザーのほとんどは数時間のうちに、平均すると3本のアプリケーションと1冊の電子書籍をダウンロードしているそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]