編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

広告販売体制の移行に向け準備を進めるマイクロソフトとヤフー

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2010-05-10 09:46

 MicrosoftとYahooは米国時間5月6日、2009年に発表した提携の広告販売について最新情報を公開した。

 2009年夏に2社が提携を発表した際、Yahooの検索サービスの多くがMicrosoftの検索結果を表示し、Yahooの広告プラットフォームを利用する顧客をYahooの「Panama」から「Microsoft adCenter」に移行させる計画を明らかにしていた。Yahooは、Microsoft向けのオンライン広告(ディスプレイ広告は除く)を販売することになっている。

 最新情報によると、Yahooは米国とカナダの広告顧客をadCenterに移行させるのを「2010年の年末商戦前に」完了することを社内目標としていると記している。しかし、「年末商戦前に品質を保ちながらの移行ができない」場合は、「移行を2011年前半に延期するつもりだ」という。

 「できるだけ柔軟にできるよう、2010年夏後半に数週間の期間を用意するつもりだ。この間、顧客は移行を開始、完了するタイミングを決定できる」とYahooはブログに記している

 Microsoftは2009年、提携期間の最初の2年間で3億ドルを損失するが、その後「しかるべきリターン」を得られるようになるとの予想を明らかにしている。リターンについては、「定常4億ドル」と説明していた。

 その一方で、広告研究開発担当バイスプレジデントのAlex Gounares氏が結局Microsoftを辞職することにしたようだ。2009年10月、Gounares氏は育児休暇を取ったが、実はGounares氏はMicrosoftを辞めるのだといううわさを聞いていた。Microsoft側はこのうわさを否定し、オンラインサービスの最高技術責任者(CTO)に就任すると述べた。AllThingDigitalが5月7日付けで報じたところによると、Gounares氏はMicrosoftを退職した後、AOLのCTOに就任するとのことだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]