編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Verizonがデータ漏えいレポートで米国シークレットサービスと協力

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2010-05-14 15:12

 5月第1週、Verizon Businessは、同社が発表している非常に貴重なData Breach Investigations Report(DBIR)に、今後米国シークレットサービスが調査した何百件というコンピュータ犯罪事件のデータが含まれることになったと発表した。

 データ漏えい事件を追跡する上では最高の資料であるこのレポートは、データセットの比較を可能にする、VERIS(PDFファイル)と呼ばれるフレームワークに基づいている。

 VerizonのWade Baker氏によれば、2010年夏に発表される予定の最新のレポートでは、Verizon自身が取り扱った事件に加え、シークレットサービスが捜査した何百件ものコンピュータ犯罪事件についての調査結果も取り上げるという。

 シークレットサービスは今年から、Verizonと協力して、過去2年間に扱った事件の分類と分析にVERISフレームワークを活用し始めている。Verizonも(当然ながら)VERISを利用しているため、その結果、2つの非常に互換性の高い、説得力のあるデータセットができあがり、これは2009年に起こった既知のデータ漏えいにおいて、かなりの割合を占めるものになっている(注:この2組織間で、被害組織の名前は共有されていない)。

 データセットがかなり大きくなったことに加え、シークレットサービスの参加はDBIRに新たな視点を与えてくれた。これには、漏えい後に生じる容疑者の特定、逮捕、外国人の引き渡し、サイバー犯罪者の起訴などが含まれる。

 Baker氏は、この協力関係はデータ漏えいレポートの「自然な発展と進化」によって生まれたものであり、データ漏えいに関する理解や備えの改善を助けるだろうと述べている。

 2010年版のDBIRは、今夏に発表される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]