編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

BlackBerryが米エンタープライズ市場で快進撃を続けている5つの理由

文:Jason Hiner(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2010-05-19 07:00

 GoogleのAndroidを搭載した携帯電話や、AppleのiPhoneがスマートフォン市場で話題をさらっている一方、BlackBerryのメーカーであるResearch in Motion(RIM)は米国エンタープライズ市場で企業やIT部門を魅了する好手を指し続けている。

BlackBerry

 Android端末やiPhoneはコンシューマーの間で人気を博しており、こういったスマートフォンを会社に持ち込んで、電子メールやウェブアプリケーションといったビジネスシステムに接続する社員も増えてきている。

 しかし、ビジネスプロセスとの統合化をより緊密なかたちで実現できるスマートフォンとして、企業が社員に与えているものはというと、ダントツでBlackBerryとなっている。実際のところ、BlackBerryの最大のライバルであったWindows Mobileがここ数年伸び悩んでおり、MicrosoftもWindows Phone 7でコンシューマー市場に注力するという決断を最近になって下しているため、BlackBerryの勢いはさらに増してきている。

 本記事では、BlackBerryを使用し、記事を執筆してきた筆者自身の体験と、4月27〜29日にフロリダ州オーランドで開催された「Wireless Enterprise Symposium 2010」(WES 2010)で開発者たち、および最高情報責任者(CIO)たちから見聞きしてきたことを元にして、BlackBerryがエンタープライズ市場で優位に立ち続けている理由について考察し、その内容を以下に紹介している。

1.オープンな開発プラットフォーム

 BlackBerryは開発者(特にエンタープライズ開発者)向けのプラットフォームを提供している。またRIMは、OSとの緊密な統合を可能にするBlackBerry APIという大規模なライブラリも提供している。さらにプラットフォーム自体が、スケーラビリティやセキュリティを重視するエンタープライズ向けのJavaをベースとしたものとなっている。

 RIMはまた、企業自らがBlackBerryアプリケーションを配備できるようにもしている。そして、アプリケーションの配備はプライベートな、あるいはパブリックなウェブページに公開するだけでよく、無線(OTA機能)を使って行うこともできる。この点は、iTunesやApp Storeを介して配備を行う必要のあるiPhoneにない大きなメリットであると言えるだろう。

2.セキュリティとコンプライアンス

 BlackBerryはハードウェアとOS、バックエンドソフトウェアであるBlackBerry Enterprise Server(BES)によって、万全のセキュリティが実現されている。またBlackBerryは当初から、銀行や政府をはじめとするエンタープライズ向けの製品として開発されている。こういったエンタープライズやそのIT部門は、堅牢なセキュリティが保証されない限り、採用の検討さえ行わないはずである。

 つまり、BlackBerryはセキュリティを第一義とする考えに基づいて開発されているため、今日のさまざまなコンプライアンス基準(SOXやHIPPAなど)にもしっかり対応できるようになっているわけである。暗号化や認証、データ保護の技術的な詳細については、BlackBerryのセキュリティに関するページを参照してほしい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]