EMCジャパン、データセンター間の分散ストレージ連携を可能にする「VPLEX」発売

大川淳 2010年05月19日 17時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EMCジャパンは5月19日、遠距離間の異機種混在ストレージ環境にあるデータセンター同士を連携できるストレージ新製品「EMC VPLEX」(以下、VPLEX)の販売を開始した。

 新製品は「VPLEX Local」「VPLEX Metro」から構成される。両者には「フェデレーション」と呼ばれる、分散ストレージ連携技術が組み込まれており、物理ストレージの境界を越えて遠距離間で情報リソースを透過的に共通プール化している。これにより、システムを停止させず、大量のデータをアプリケーションと連動させながら、データセンター内の異機種混在のストレージ間、データセンター間で、必要に応じて再配置できるという。

 「VPLEX Local」は、データセンター内異機種混在ストレージ間での無停止かつ透過的なデータ移動が可能で、最大4個のVPLEXエンジン(ダイレクタ8台)からなるクラスタを1つ構成でき、最大8000個の仮想ストレージ・ボリュームをサポートする。

 「VPLEX Metro」は、異機種混在ストレージ環境のデータセンター間(最大100km)で、無停止かつ透過的なデータ移動および同時アクセス、共有、負荷分散ができる。VMware VMotion、Microsoft Hyper-V、Oracle VM 2.2などの仮想化環境下において、仮想マシンやワークロードの透過的な移動をサポートするという。それぞれ最大4個のVPLEXエンジンからなるクラスタを2つ構成でき、最大1万6000個の仮想データボリュームに対応できる。

 VPLEXでは、フェデレーションにより、企業が利用可能な分散インフラ全体にわたるリソースの最適化や、自然災害による被害を防止するため、オンデマンドでアプリケーションとデータを遠距離のデータセンターへ退避させることが可能になるという。また、データセンター間に分散したストレージボリュームを単一ローカルボリュームとして構成することで、複数のデータセンターのサーバから一貫性のあるデータへの同時アクセス、共有、ワークロードの動的負荷分散を実現したとしている。

 価格は「VPLEX Local」が929万円から。「VPLEX Metro」(2サイト分)は1726万円から。いずれも10テラバイトの仮想ボリューム管理用永続ライセンスを含む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算