編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

EMCジャパン、データセンター間の分散ストレージ連携を可能にする「VPLEX」発売

大川淳

2010-05-19 17:28

 EMCジャパンは5月19日、遠距離間の異機種混在ストレージ環境にあるデータセンター同士を連携できるストレージ新製品「EMC VPLEX」(以下、VPLEX)の販売を開始した。

 新製品は「VPLEX Local」「VPLEX Metro」から構成される。両者には「フェデレーション」と呼ばれる、分散ストレージ連携技術が組み込まれており、物理ストレージの境界を越えて遠距離間で情報リソースを透過的に共通プール化している。これにより、システムを停止させず、大量のデータをアプリケーションと連動させながら、データセンター内の異機種混在のストレージ間、データセンター間で、必要に応じて再配置できるという。

 「VPLEX Local」は、データセンター内異機種混在ストレージ間での無停止かつ透過的なデータ移動が可能で、最大4個のVPLEXエンジン(ダイレクタ8台)からなるクラスタを1つ構成でき、最大8000個の仮想ストレージ・ボリュームをサポートする。

 「VPLEX Metro」は、異機種混在ストレージ環境のデータセンター間(最大100km)で、無停止かつ透過的なデータ移動および同時アクセス、共有、負荷分散ができる。VMware VMotion、Microsoft Hyper-V、Oracle VM 2.2などの仮想化環境下において、仮想マシンやワークロードの透過的な移動をサポートするという。それぞれ最大4個のVPLEXエンジンからなるクラスタを2つ構成でき、最大1万6000個の仮想データボリュームに対応できる。

 VPLEXでは、フェデレーションにより、企業が利用可能な分散インフラ全体にわたるリソースの最適化や、自然災害による被害を防止するため、オンデマンドでアプリケーションとデータを遠距離のデータセンターへ退避させることが可能になるという。また、データセンター間に分散したストレージボリュームを単一ローカルボリュームとして構成することで、複数のデータセンターのサーバから一貫性のあるデータへの同時アクセス、共有、ワークロードの動的負荷分散を実現したとしている。

 価格は「VPLEX Local」が929万円から。「VPLEX Metro」(2サイト分)は1726万円から。いずれも10テラバイトの仮想ボリューム管理用永続ライセンスを含む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]