編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

エンバカデロ、DBツール製品の「XE」シリーズを発売--マルチDB環境での利用がリーズナブルに

柴田克己(編集部)

2010-05-21 08:00

 エンバカデロ・テクノロジーズ(エンバカデロ)は5月20日、同社の主要なデータベースツールについて、新たな製品ラインアップ「XE(エックスイー)シリーズ」の提供を開始した。

 XEシリーズには、3月に発表されたデータベース管理ツール「DBArtisan XE」のほか、新たに発表されたSQL IDEツールの「Rapid SQL XE」、ビジュアルSQLプロファイリング、チューニング、モニタリングツールの「DB Optimizer XE」、データベースの変更管理およびレポーティングツールである「DB Change Manager XE」がラインアップされる。

 XEシリーズの特長は、1つのツール、1つのライセンスでOracle Database、Microsoft SQL Server、IBM DB2、Sybase ASEをはじめとする、主要なデータベース製品をすべてサポートできる点だ。従来製品のライセンスでは、ターゲットとなるデータベースごとに個別のライセンスが必要だった。

 価格体系も見直されている。例えばターゲットとなるRDBMSがOracle DatabaseとMicrosoft SQL Serverで、開発者2名とDB技術者1名の計3名で利用するためにDB Optimizerを導入する場合、従来は合計で約144万円のライセンス費用が必要だった。XEシリーズを利用することによりこれが約60万円となり、約84万円のライセンスコスト削減が可能になるという。

 またXEシリーズでは、インターネットを通じてライセンス管理とツール供給を効率化するクラウドサービス「ToolCloud」機能が標準で搭載されており、社内のツール利用環境を合理的に整備できるという。

 XEシリーズ各製品の価格は、DBArtisan XEが84万円。Rapid SQL XEが21万円。DB Optimizer XEおよびDB Change Manager XEには、利用目的別に「Developer」「Professional」「Enterprise」の各エディションが用意されている。DB Optimizer XE Developerは14万7000円、DB Optimizer XE Professionalは33万6000円、DB Optimizer XE Enterpriseは134万4000円。DB Change Manager XE Developerは14万7000円、DB Change Manager XE Professionalは33万6000円、DB Change Manager XE Enterpriseは67万2000円となる。

 エンバカデロでは、今後同社のモデリングツールや開発ツール製品などについても、XEシリーズを順次リリースしていく計画という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]