オラクル、データベースファイアウォール企業のSecernoを買収へ

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:矢倉美登里、福岡洋一 2010年05月21日 13時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleは米国時間5月20日、顧客がデータベースの安全性を高められるようにするため、データベースファイアウォールベンダーのSecernoを買収すると発表した。

 Secernoのファイアウォール製品「DataWall」は、オラクルのデータベースにもそれ以外のデータベースにも対応し、データベースへのアクセス方法を分析して、データベース管理者がアクセス制御ポリシを設定できるようにする。Secernoによると、アクティブモニタリングを利用してデータベースへの疑わしいアクセスを検知し、阻止できるという。Secernoは、企業が規制基準を順守していることを確認するための監査機能も提供している。

 Secernoは、ファイアウォールセキュリティに焦点を絞って、ImpervaやGuardiumなどと市場で競争してきた。Guardiumは2009年12月にIBMに買収されている。Oracleは今回の買収により、自社のデータベースセキュリティ製品とSecernoのDataWallを組み合わせて、顧客が確実にデータを保護し、漏えいを防ぐのを支援できると考えている。

 「Secernoの買収は、データベースセキュリティのリスク軽減が顧客にとってますます困難になってきている現状に直接対応するものだ。Secernoのデータベースファイアウォール製品は、オラクルとそれ以外のデータベースを防御ラインで囲い、外部からの脅威と内部からの不正アクセスに対する最前線の防備を提供する」と、Oracleのデータベースサーバ技術担当シニアバイスプレジデントであるAndrew Mendelsohn氏は声明で述べている。

 金銭面の条件は明らかにされていないが、買収は6月末までに完了する見込みだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算