シトリックスCEO:「事業はクラウドのインフラ部分にとどめる」 - (page 2)

冨田秀継(編集部)

2010-05-24 18:25

ZDNet Japan: 基調講演では14万ライセンスといった規模のデスクトップ仮想化案件があったと話していた。多くの企業が新規投資を中止したり、凍結しているなかで、なぜこれほど売れたのか。その理由を、どう分析しているか?

Templeton氏: 今ITに投資をしている会社は戦略的なのだ。企業の成長を実現するテクノロジとしてデスクトップ仮想化を見ているのだと思う。デスクトップ仮想化によって、ビジネスとITにかかわるコストを減らすことができるのだから。

 戦略的な視点を開いて、新しい市場で事業を展開する――デスクトップ仮想化はそれを簡単にやってのける。そうした思想を持ち、かつ財務に余裕のある企業が、こうした新しいテクノロジに投資をしているようだ。

 我々がいるIT業界だけでなく、顧客もまた先端のテクノロジが競争優位性をもたらすことをよく理解している。

Citrixは本当にインフラに留まるのか?

 以上がTempleton氏へのインタビューのすべてだ。同社はクラウドのインフラにとどまるという。

 しかし、Templeton氏は基調講演で3つの分野に注力することを表明しており、その冒頭に掲げたのが「Virtual Meeting」なのだ。そう、同社はオンラインビデオ会議サービスの「GoToMeeting」に代表されるSaaS事業を推進している。

 2010年第1四半期のオンラインサービス部門の売上は全体の20.5%。これまでのGoToMeeting、GoToMyPC、GoToAssistに加え、最近オンライントレーニングの「GoToTraining」と、IT管理SaaS「GoToManage」も追加した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]