編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

「次に登場するXenClientはMac環境に対応」--Citrix幹部のPratt氏語る - (page 2)

山下竜大

2010-05-26 09:00

高いセキュリティと管理性をモバイルワーカーに提供

 XenClientは現在、XenClientベアメタル ハイパーバイザーとCitrix Receiver、Synchronizerなどが含まれた、XenClient Expressのテストキットを、同社のウェブサイトから無償でダウンロードできる。XenClientの最初の製品は、2010年末までには正式にリリースされる計画となっている。

 今後、XenClientの利用が期待される分野についてPratt氏は、「XenClientは、幅広い分野で利用されることが期待されている。今回、XenClientのテストキットを公開するまでに、さまざまな業種、業態の企業で約9カ月間、ベータ版を使用してもらうことで、数多くの情報を得ることができた」と話す。

 たとえばある企業では、デスクトップ上に複数の仮想マシンを構築し、ひとつはセキュリティポリシーに基づいてコントロールしながら業務に使用し、別の仮想マシンではiTunesやメッセンジャーなど、利用者に自由に使用させるという仕組みを検証している。また、ある病院では、XenClientを使用することで、カルテなどの機密情報を取り扱いながら医療の最適化を実現するための仕組みを構築したという。

Xenの創始者であり、XenClientの開発にも携わるPratt氏 Xenの創始者であり、XenClientの開発にも携わるPratt氏

 CitrixにとってXenClientは、仮想化ソリューションの提供による“ワークシフト”実現のための第一歩となる。Pratt氏は、「高いセキュリティと管理性を、すべてのモバイルワーカーに提供することがXenClientの最大の目的だ」と話している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]