日本IBM、HPC向けx86サーバ発売--消費電力あたりの性能が従来比8倍

大川淳 2010年05月26日 19時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは5月26日、x86サーバ「IBM System x iDataPlex 大規模並列処理モデル」を発表した。7月1日から出荷を開始する。

 IBM System x iDataPlex 大規模並列処理モデルは、省スペースと高い冷却効率による低消費電力を実現する「IBM System x iDataPlex dx360 M3」に、画像処理向け補助演算装置「GPU(Graphics Processing Units)」を汎用化した「GPGPU(General-Purpose computing on GPU)」を2個搭載している。

 

 この製品に採用されたGPGPUは、1個あたり448個のコアを搭載しており、並列処理ではCPUの20〜150倍の処理性能が実現するという。今回の製品1台では、CPUとGPGPUの合計で、プロセッサコア数は908個となり、1.13テラフロップスの性能を発揮できるという。消費電力あたりの性能が従来比8倍になるほか、性能あたりの価格が従来より約65%低価格となり、同社では「企業や官公庁などが低価格でハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)を導入できるようになる」としている。

 一般的にGPGPUは多数のコアを搭載するため、消費電力が大きくなり、多くの熱を発するが、同社は「iDataPlexの高い冷却効率により、GPGPU用冷却ファンの設置が不要となるためファンの消費電力を削減できる」としている。この製品は、金融リスク計算や自動車や建物などの空力設計、モバイルゲームのオンライン配信や医用画像のリアルタイム解析など、画像処理と同様に、大量の浮動小数点演算の同時並列処理が必要なHPC向けアプリケーションに最適なサーバであると位置づけている。概算価格は、1台197万円。42台1ラック構成で9570万円となる。

 また同社では、IBM System x iDataPlex 大規模並列処理モデル向け技術支援サービスを7月1日から開始する。既存アプリケーションを今回の製品へ移行することを希望する顧客に、CPUとGPGPUでの作業配分の提案や変更に必要な作業量の見積もり、既存プログラムをGPGPU環境向けに変更、最適化するサービスなどを提供する。POWERやCell Broadband EngineなどのIBM製プロセッサや、IBM BlueGeneなどのスーパーコンピュータ向けアプリケーションの開発エンジニアがサービス提供を担当するという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算