編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

モジラ、「Thunderbird 3.1」のRC版をリリース--正式版は6月の予定

文:Seth Rosenblatt(CNET News) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一

2010-05-28 14:10

 Mozillaの電子メールクライアント最新版「Thunderbird 3.1」(開発コード名:Lanikai)は、正式版の公開まであと一歩のところまできたようで、現在は第1リリース候補(RC)版が公開され、Windows、Mac OS X、およびLinuxで利用可能になっている。以前のベータ版から「Thunderbird 3.1 RC 1」への変更点はわずかしかない。新しい「クイックフィルタ」ツールバーに、連絡先、タグ、添付のサポートが追加されたほか、フォルダを切り替えてもフィルタを維持できるようになっている。また、かなり細かい点だが、新しいメッセージのあるフォルダのハイライトのデフォルトが、黒から青に変わっている。

 バグの修正は多数あって、「Gmail Conversation View」のような特定の人気アドオンでThunderbirdがクラッシュする問題、オフラインモードで書いた場合の下書き保存機能、安定性に関する若干の重大な問題などへの対処が含まれている。

 Mozillaの予定表によると、このRC版で見つかったバグを修正して2010年6月に最初の正式版がリリースされる見通しだ。RC版の変更ログの全文はこちらで読める。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]