編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

フォトレポート:無料PDFリーダー「Nitro PDF Reader」の紹介 - 2/8

文:Seth Rosenblatt 翻訳校正:矢倉美登里、吉武稔夫

2010-05-31 13:47

「Nitro PDF Reader」、米CNETのランキングでPDFツール分野の首位に急浮上  無料のPDF互換リーダーは、小規模なソフトウェア開発業者の活躍の場となっている。低価格のPDF作成ツール「Nitro PDF Professional」で知られるNitro PDFは、無料のPDFリーダー「Nitro PDF Reader」(32ビット版64ビット版)のマニュアルを改訂したばかりだが、この製品は、消費者が無料リーダーに求めうることをほぼすべてやってくれている。  Nitro PDF Readerには、2つの大きなセールスポイントがある。その1つは、優れたPDFファイル閲覧および編集ツールを簡単に利用できる点だ。ツールバーのインストールを求められることも、印刷時に透かしが入ることもなく、保存に関しても制限は一切ない。2つ目のセールスポイントは、ベータ版でも性能が極めてよく、ハングアップやエラーがほとんどない点だ。
誰もが使える無料の編集ツール

 Nitro PDF Readerのリボンインターフェースは、Nitro PDF Professionalから受け継いだものだが、そんなことは関係ない。PDF文書はタブで表示することができる。PDF文書の編集機能としては、蛍光マーカー、打ち消し線、下線といったツールがあるほか、付箋ツールを利用して自由な形式のコメントを入れることができる。フォーム記入ツールかテキスト入力ツールを利用して、PDF文書にテキストを追加することも可能だ。PDF文書を作成するには、ドラッグ&ドロップや、プログラム内のPDF文書作成ツールを利用すればいい。

誰もが使える無料の編集ツール

 Nitro PDF Readerのリボンインターフェースは、Nitro PDF Professionalから受け継いだものだが、そんなことは関係ない。PDF文書はタブで表示することができる。PDF文書の編集機能としては、蛍光マーカー、打ち消し線、下線といったツールがあるほか、付箋ツールを利用して自由な形式のコメントを入れることができる。フォーム記入ツールかテキスト入力ツールを利用して、PDF文書にテキストを追加することも可能だ。PDF文書を作成するには、ドラッグ&ドロップや、プログラム内のPDF文書作成ツールを利用すればいい。

提供:Seth Rosenblatt/CNET

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]