編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

グーグル、ディスプレイ広告技術企業Invite Mediaを買収

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:編集部

2010-06-04 07:06

 Googleは、ディスプレイ広告の売り手と買い手を結びつけるディスプレイ広告企業Invite Mediaを買収したことを認めた。

 Googleは検索広告で収入を上げているが、DoubleClickの買収に始まり、数年前からディスプレイ広告を、成長する可能性を秘めた機会であるとにらんでいる。Googleは米国時間6月3日、同社のDoubleClickブログで、Invite Media買収を発表した。これに先立ちMediaMemoは2日、同買収が約7000万ドルで予定されていると報じていた。

 Invite Mediaでは、広告主が、利用可能な広告スペースをアドエクスチェンジで「リアルタイム」に入札することができる。Googleが子会社であるDoubleClickを介して2009年秋に立ち上げた「DoubleClick Ad Exchange」に似ている。Googleは、DoubleClick Ad Exchangeに加えて他のエクスチェンジから広告在庫を購入するために、Invite Mediaの技術を利用することができ、またその予定であると述べた。

 Googleの製品管理担当バイスプレジデントを務めるNeal Mohan氏はブログ投稿で、「リアルタイム入札とディスプレイ広告の多大な可能性にわれわれは期待している」と述べた。Invite Mediaは、Googleが2010年に入ってから買収した数多くの企業の1つにすぎない。同社による買収のペースは、まったく衰える様子がない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]