編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

NECがAndroid搭載のクラウド端末「LifeTouch」で目指す市場は?

大河原克行

2010-06-11 20:46

 NECは、6月9日から千葉県の幕張メッセで開催された「Interrop Tokyo 2010」で、Android 2.1を搭載したクラウドコミュニケータ「LifeTouch」を参考展示した。

 同社では、顧客サービスを提供する企業などを通じたBtoBtoC型のビジネスモデルによってLifeTouchを販売していく考えで、量販店などを通じた個人向けの販売は行わない。

 NEC社長の遠藤信博氏は、2010年度の経営方針説明のなかで、パーソナルソリューション事業において、「オープンOSを搭載した新端末を下期に発売する」計画を明らかにしており、これがその製品ということになる。同社パーソナルソリューション事業の2010年度の営業利益は減益計画としているが、その理由として、新端末の開発費用の負担をあげており、LifeTouchに戦略的に投資していく姿勢を示している。

 同社では、「電子書籍や新聞サービス、家庭内の消費エネルギーの管理やホームセキュリティ管理、遠隔地からのライフログや見守りといった利用、遠距離の両親に孫の写真を送信するといったネットフォトフレーム、電子ショップや通販カタログといった用途を想定している。企業が顧客向けサービスを行う際の端末として提供するもので、NECが直接販売を行うのではなく、企業を通じた展開を行うことになる。エンドユーザーに対して、端末を販売するか、貸与するか、または無償で配布してサービスで課金するかといった選択については、企業ごとに異なってくるだろう」としている。

  • OSにAndroidを採用したNECのクラウドコミュニケータ「LifeTouch」

  • クレードルも用意して、充電やデータ転送を容易にする

  • 縦方向での閲覧も可能になっている

 NECでは、端末を採用する企業に対して、クラウドサービスやビッグローブなどの同社のサービスプラットフォームと連動した垂直統合型のトータルソリューション提案を進めることになる。なお、LifeTouchの端末価格については明らかにしていない。現在、数社と商談を開始しており、早ければ10月以降には、LifeTouchを利用したサービスが、第三者の企業から提供される可能性が高い。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]