編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

EMCとネットワン、佐賀大学に仮想化ソリューションを導入

富永恭子(ロビンソン)

2010-06-15 16:03

 ネットワンシステムズとEMCジャパンは6月15日、国立佐賀大学のネットワーク利用者認証システム基盤の構築に、両社のソリューションが採用されたことを発表した。

 佐賀大学は、同大学の統合情報基盤センターが運用するキャンパスネットワークの刷新において、仮想化技術を導入したネットワーク利用者認証システム基盤を構築。新しいシステム基盤は、提案から導入、構築支援、保守をネットワンシステムズが担当し、FCoE(Fibre Channel over Ethernet)に接続可能なEMCのミッドレンジストレージシステム「EMC CLARiX CX4」、ヴイエムウェアのサーバ仮想化ソフトウエア「VMware vSphere」、シスコシステムズの仮想環境用ソフトウェアスイッチ「Cisco Nexus 1000V」とFCoE対応スイッチ「Cisco Nexus 5010」が採用され、3月より本格稼働を開始しているという。

 佐賀大学は、教育、研究、社会貢献の体制構築を支えるキャンパス環境整備の一環として、1999年からノートPCを自由に接続できる情報コンセントや無線LAN環境の整備に着手し、ネットワーク利用者認証システム「Opengate」を開発、2000年9月から運用を開始している。Opengateは、利用者が端末から学内LANに接続する際の認証と利用状況の記録のために、佐賀大学が開発したウェブブラウザを使用するゲートウェイシステム。今回、Opengateの基盤であるサーバやネットワーク機器の老朽化に対処するため、2009年にシステム基盤の更新が決定したという。今回の新たなシステム基盤の構築にあたっては、サーバ台数の増加による運用管理煩雑化の解消と、研究や教育における先進的な技術への挑戦が課題だったとしている。

 新システム基盤では、1台の物理サーバ上に複数台の仮想マシンが構築され、Opengateシステム用の物理サーバが従来の22台から7台へと削減。さらにFCoEによってケーブル数を削減するとともに、仮想サーバを仮想環境用ソフトウェアスイッチによって一貫して管理することで、柔軟かつ効率的な運用を実現したとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]