編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

パソナグループとマイクロソフト、Office 2010を使った「BIスペシャリスト」の育成で協業

ZDNet Japan Staff

2010-06-15 17:32

 パソナグループとマイクロソフトは6月15日、企業のIT活用の促進と、新たな雇用機会の創出を目的として、企業の経営層の意思決定をサポートするBI(Business Intelligence)に秀でた人材の育成強化で協業すると発表した。

 両社では、最新の業務アプリケーションを駆使して、営業データの抽出、加工、集計、分析を行い、企業の業務改善まで繋げることができるBIに秀でた人材を「BIスペシャリスト」と定義し、共同でその育成強化に取り組んでいくという。

 7月より開始されるこの協業において、両社ではBIスキルの向上や実践に役立つ「Microsoft Office 2010」 向けのテンプレートや手法などのコンテンツを共同で開発し、ウェブサイトを通じて提供する

 また、パソナグループは派遣登録者に対し、これらのコンテンツを活用するためのオンラインセミナーや、マイクロソフト社員が講師を務めるセミナーを実施するほか、Officeソフトの基本操作スキルから経営支援に繋がる応用技術を持つことを証明する「BIスキル検定」をマイクロソフトの監修のもと、7月より新たに創設する。また8月には、派遣登録者への情報提供やキャリア相談を行う窓口として、東京都渋谷区の「倶楽部PASONA−表参道−」内に「Excelカフェ」を開設する予定だ。

 両社ではこの協業を通じて、今後1年間に3000名のパソナグループ派遣登録者が「BIスキル検定」を受講できるよう取り組むとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]