NEC、トルコに新会社--中近東、アフリカ地域の事業体制を強化

富永恭子(ロビンソン) 2010年06月16日 17時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは6月16日、中近東、アフリカ地域における事業体制強化のため、6月11日付でトルコのイスタンブールに「NEC Telecommunication & Information Technology Ltd」を設立したと発表した。新会社の社長には、黒崎裕伸氏が就任している。

 今後は、欧州、ロシアCIS、中東、アフリカを中心としたEMEA(Europe, the Middle East and Africa)地域を統括するNECヨーロッパの傘下で、中近東、アフリカ市場向けの事業を推進する。新たな地域事業の獲得を積極的に図るとともに、統括機能の強化、オペレーションの効率化、CSR推進機能などのガバナンスを行い、同地域での事業を拡大していくとしている。

 NECは、1960年代にトルコ向けに初めて衛星通信システムを納入して以来、主要通信機器ベンダーとして超小型マイクロ波通信システム「PASOLINK」をはじめとする通信機器を納入した実績があり、他にも放送機器、郵便自動化システムなど幅広く事業を行ってきた。1998年の同国の携帯電話市場の開放により、トルコの携帯電話市場は、2009年末時点で加入者数が約7000万人を越えている。その中で、NECのPASOLINKは、同国の携帯電話事業者3社すべてに納入するなど、トップレベルのシェアを維持しているという。

 今回の新体制は、イスタンブール駐在員事務所の営業機能を拡大し販売法人化することで、これまでの同国におけるノウハウや過去の実績を活かしながら、現地営業と技術部隊が一体となったビジネス体制を構築するもの。ワイヤレス分野において同社は、ハードウェア機器の提供をはじめとして、製品やサービスのカスタマイズ、独自のツール開発によるエンジニアリングサービス、保守サポート業務などのノンハードビジネスも含めたトータルソリューションを、トルコのみならず他の中近東、アフリカ市場に提供していくという。さらに今後は、指紋照合システムなどを活用したセキュリティソリューション分野、クラウドサービス等のIT分野、フェムトセル等のブロードバンドワイヤレス分野についても現地化推進による事業拡大を計画しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算