編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

フォトレポート:iPadで使える無償のビジネスアプリケーション10選 - 10/10

文:Natasha Lomas(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2010-07-08 07:30

 AppleのiPadがデバイスとしての新たなジャンルを確立してからまだ日は浅いものの、その機能を向上させるアプリケーションが数多く利用可能となっている。  App Storeで提供されているiPadアプリケーションは、ゲームといったコンシューマー向けのものが大半を占めているとはいえ、ビジネス向けや生産性向上を目的としたものもある。今回のフォトレポートでは、ビジネスユーザーが重宝する無償のiPadアプリケーションを10個紹介している。 1.Citrix Receiver for iPad  テレワークという勤務形態を好んでいる人は注目だ:「Citrix Receiver for iPad」(上記の画像を参照)を使うことで、ユーザーは自らのiPadから、XenDesktopやXenApp対応アプリケーションにアクセスできるようになる。  ユーザーは、スターバックスでグランデサイズのラテを飲みながら、職場でPCを使っている時と同じ感覚でWindowsアプリケーションを操作したり、ドキュメントやデータの閲覧あるいは編集を行うことができるようになる。
10.weekSlider

 スケジュールを決める際、いつもカレンダーをめくりながら悪戦苦闘しているって?このアプリケーションでは、スライダを左右にスライドするだけで、その年の任意の時点の週の初め(月曜日)と終わり(日曜日)を表示してくれるようになっている。また、過去や未来の日付も簡単に表示させることができる--なお、過去日付は1971年まで遡ることができ、未来日付は2026年まで表示させることができる。

10.weekSlider

 スケジュールを決める際、いつもカレンダーをめくりながら悪戦苦闘しているって?このアプリケーションでは、スライダを左右にスライドするだけで、その年の任意の時点の週の初め(月曜日)と終わり(日曜日)を表示してくれるようになっている。また、過去や未来の日付も簡単に表示させることができる--なお、過去日付は1971年まで遡ることができ、未来日付は2026年まで表示させることができる。

提供:Natasha Lomas/silicon.com

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]