「2011年度はクラウドに賭ける」--マイクロソフトが経営方針を説明

岩本有平(編集部) 2010年07月06日 19時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「2011年度は『We're all in』というスローガンのもと、とにかくクラウドに賭ける」――マイクロソフト代表執行役社長の樋口泰行氏は、7月6日に開催された2011年度経営方針記者会見で次のように語った。

 リーマンショックに端を発する不況のあおりを受け、米国本社でも創業以来となる大規模な人員削減を実施することになったマイクロソフト。樋口氏は2010年度を振り返り、「我々は“リセットピリオド”と呼んでいる。組織の再活性化、効率化を図った」と説明する。

マイクロソフト代表執行役社長の樋口泰行氏 マイクロソフト代表執行役社長の樋口泰行氏

 しかしそんな厳しい年度でも、さまざまな成果があったという。2009年10月に一般発売したオペレーティングシステム(OS)「Windows 7」の売れ行きは好調で、「過去最高のペースで普及している」(樋口氏)とアピールする。今年度には法人への導入も本格化するが、すでに約5360の団体や企業が導入表明をしている状態だという。また、6月に一般発売した「Microsoft Office 2010」も、「(前バージョンである)Office 2007の2倍のスピードで売れている。最初の1週間でOffice 2007の1カ月分の販売数になった」(樋口氏)と説明する。

 クラウドサービスを本格化したのも2010年度だ。企業向けオンラインサービスの「Microsoft Online Services」については、1年間でパートナー数が約10倍となる350超まで拡大。ユーザー数でも国内で25万を超えた。「全世界のユーザー数は4000万。企業の規模の大小問わず興味を持ってもらっている」(樋口氏)。またPaaSサービス「Windows Azure」についても「50以上のパートナーが採用しており、『オンプレミス(自社でハード、ソフトウェアなどを用意すること)をそのままクラウド展開できる』と評価されている」(樋口氏)

 ソリューションビジネスの分野においては、体験型ブリーフィングや技術支援を手掛ける「マイクロソフト大手町テクノロジーセンター」を2009年10月に開設。さらには生産性向上ソリューションやデータベースソリューション、仮想化ソリューションなどで協業を進めてきたほか、富士通やサイボウズ、日立製作所らとの製品連携も進めてきた。

 社長就任から3年を迎える樋口氏は、これまでを振り返り「部署間の壁を越えた“ワンチームのスピリット”を持ち、四半期ごとの目標を達成できるようにと考え組織改革をやってきた」と語る。そして7月から始まった2011年度については「四半期ごとの目標達成に加え、中長期視点で日本市場に向けた戦略を立てていく」と説明する。

 2011年度、マイクロソフトが最も注力するのがクラウドビジネスの強化だ。「自社でオンプレミスのビジネスを進めてきて自己否定的でもあるが、トレンドをとらえてリソースを大きくクラウドにシフトしていく」(樋口氏)

 米MicrosoftのCEOであるSteve Ballmer氏が3月に「70%の社員が何らかの形でクラウド関連事業に従事する」という旨の発言をしているが、国内では90%の社員がクラウド関連事業に従事する体制を作る。すでに法人向けに100名規模のクラウド専任部隊を設置しており、この数は順次拡大していく予定だという。さらに、日本のユーザーが満足できる品質のサポート体制を確立していく。企業とのパートナーシップも引き続き強化していき、認定パートナーのクラウド対応についても、現在の約350社から2011年度内に1000社まで拡大。3年後には7000社にまで増やすとした。

  • クラウドビジネスでは、社内の体制を整えるだけでなく、外部パートナーとの協力関係も強化していく

 そのほか、Windows Azureのボリュームライセンスも提供やOnline Servicesの「Business Productivity Online Suite(BPOS)」の新バージョン、CRMツールの「Dynamics CRM Online」、セキュリティサービス「Windows Intune」などの提供も予定する。

 コンシューマー向けのオンラインサービスも強化する。直近では、7月13日に検索エンジン「bing」を正式版に移行する。また、年度内にはウェブブラウザInternet Explorerの最新版である「Internet Explorer 9」の提供も予定している。モーションセンサを使ったXbox 360用デバイス「Kinect」も年末には発売する予定。「まずはXboxからやるが、PCやビジネスユースでの展開も考えていく。すでに多くのメーカーが参入を表明しており、年末商戦に向けていく」(樋口氏)

 マイクロソフトは2011年2月で設立25周年を迎える。これに合わせて2月1日付けで本社オフィスを品川のグランドセントラルタワーに移転する。それと同時に、社名を「日本マイクロソフト株式会社」に変更する。「グローバル企業だが、日本で信頼され、日本に貢献する、ローカルでも正しいことをやっていくと言う気持ちをあらわした」(樋口氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]