ドトール、受発注処理システム基盤をOSSで構築--初期費用で8割コスト削減

田中好伸(編集部)

2010-07-08 12:33

 ドトールコーヒーは受発注処理システムの基盤構築でオープンソースソフトウェア(OSS)を活用した。店舗や本部、仕入先の間で発生する受発注を処理する。構築したサイオステクノロジーが7月6日に発表した。

 今回のシステムは、「ドトールコーヒーショップ」をはじめとする全国1400以上の店舗との間で受発注を処理する。基盤部分で「Red Hat Enterprise Linux」上にデータベース(DB)サーバ「Postgres Plus」、アプリケーションサーバとして「JBoss Enterprise Middleware」を利用している。

図 今回のシステムの構成図
※クリックすると拡大画像が見られます

 商用のソフトウェアを利用して同様のシステムを構築した場合と比べ、イニシャルコストで約8割のコストダウンを図れるとしている。今後5年間のソフトウェア保守費も、商用ソフトウェアと比べて、約4割の削減が実現できる見込みとしている。

 今回のシステムではDBにサイオスのクラスタソフトウェア「LifeKeeper」を組み合わせて、24時間稼働が実現できるシステム設計になっているという。万が一のシステム障害時にもサービスの継続稼働を支援するとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]