編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Firefox 4 beta 1レビュー:WebM対応、ローカルストレージ強化が目玉

杉山貴章(オングス)

2010-07-09 16:15

大幅に機能が強化される「Firefox 4」

 Moziila Foundationは7月6日(米国時間)、2010年中のリリースを目指す次期ウェブブラウザ「Firefox 4」の最初のベータ版を公開した。Windows版、Linux版、Mac OS X版がラインアップされており、mozilla.comのサイトよりダウンロードすることができる。

 このベータ版はアドオン開発者やテスターを対象として公開されたもの。したがってまだ一般での利用は推奨されていないが、メジャーバージョンアップにふさわしい大幅な機能強化が行われているため、興味のあるユーザーも多いことだろう。本稿で早速、Firefox 4 beta 1を試してみよう。

 なお、今回のレビューは以下の環境で行っている。

  • OS:Windows 7(32bit版)
  • CPU:Intel Core 2 Duo プロセッサー T7200 2.00GHz
  • メモリ:3.12Gバイト

 Firefox 4 beta 1ではメジャーバージョンアップにふさわしい様々な機能拡張が行われている。本稿ではその主なものを紹介するが、公式サイトには分かりやすく整理されたフィーチャーリストが掲載されているので、そちらも合わせて参照していただきたい。

参考記事:Firefox 4 beta 1を速攻チェック--UI刷新、HTML5対応強化

ユーザーインターフェースの刷新

 インストール直後の画面は図2.1のようになっている。「Welcome to Firefox 4」のページのイラストは未来のどこかの惑星を思わせるもので、空中に球状の物体を作っている様子が見て取れる。このイラストはバージョンが上がるごとに進化していくのが恒例となっており、正式リリースまでにどのように変わるのか楽しみである。

インストール直後の外観。ウィンドウの上部がすっきりした印象 図2.1 インストール直後の外観。ウィンドウの上部がすっきりした印象

 パッと見てまず気がつくのは、ロケーションバーを含むナビゲーションツールバーがタブの中に統合されたことだ。タイトルバーやメニューバーも無くなっており、代わりに左上に「Firefox」と書かれたオレンジのボタンが付いている。この大幅なUIの変更こそ、Firefox 4における目玉のひとつである。

「Tabs on Top」でメニューバーがなくなる

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]