編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Windows Azureを富士通ブランドで提供:MSと富士通の協業詳細が明らかに - (page 2)

冨田秀継(編集部)

2010-07-13 18:51

「Windows Azure platform appliance」とは何か?

 Windows Azure platformは大きく分けて、クラウドOSの「Windows Azure」と、クラウド上のリレーショナルデータベース「SQL Azure」という2つのコンポーネントから成り立っている。Windows Azureは、基本的にはMicrosoftのデータセンターで運営されているサービスで、ユーザー企業が自社内で活用したいという要望にはほとんど応えることができなかった。

 そこに登場したのが、Windows Azure platform applianceだ。

 マイクロソフト 業務執行役員 エンタープライズパートナー営業統括本部長の五十嵐光喜氏は、「データやハードウェアを自社で持ちたい、コントロールしたいといったニーズが非常に高まっていた」と述べ、アプライアンス製品登場の背景を説明する。

 Microsoftでは、Windows ServerとSQL Server、System Centerを活用すれば、プライベートクラウド環境を構築できると説明していたが、数千台規模のサーバを管理運用する大企業が移行するのは現実的ではなかった。そこで今回、アプライアンスとして製品を提供することで、Windows Azureを自社内にサービスとして提供できるというモデルを考案した。

富士通 常務理事 サービスビジネス本部長の阿部孝明氏(左)と、マイクロソフト 業務執行役員 エンタープライズパートナー営業統括本部長の五十嵐光喜氏 富士通 常務理事 サービスビジネス本部長の阿部孝明氏(左)と、マイクロソフト 業務執行役員 エンタープライズパートナー営業統括本部長の五十嵐光喜氏

 Windows Azure platform applianceは、大企業やサービスプロバイダーなどの大規模環境向けの製品。販売パートナーには富士通だけでなく、DellとHewlett-Packardも名を連ねている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]