IBM、医療分野での1億ドル規模の取り組みを発表

文:Elizabeth Armstrong Moore(Special to CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、福岡洋一 2010年07月16日 13時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間7月15日、医療および保険事業者向けに技術やビジネスプロセスを開発することを目的とした3年にわたる1億ドル規模の取り組みを発表した。同社の科学者や技術者の協力を得るほか、医療分野での新規雇用を進めるという。

 この取り組みの対象としてIBMは、システム統合、サービス研究、クラウドコンピューティング、解析のほかに、ナノ医療などの新しい分野を挙げているが、これは医療従事者が患者の治療に費やす時間を増やしたいと考えているためだ。

 IBMはニュースリリースの中で、イスラエルのハイファ、東京、スイスのチューリッヒなど全世界に広がる同社の研究所から、100人以上の研究者による支援を得るとともに、医師、臨床研究者、看護師、技術者、経済学者、社会学者を雇用する計画だと述べた。

 最終的な目的には3つの側面がある。治療を個々の患者に合わせて行う方法の開発と、医療の提供方法を簡素化すること、そして提供した医療の量ではなく治療結果に基づいて報酬を与える体系に進化させられるよう、新たなインセンティブとモデルを作り出すことだ。

 「医療の質を高めるには、医療データを単にデジタル化する以上のことが求められる」と、IBM ResearchChalapathy Neti氏は述べている。「医療従事者間の連携を強化し、データを臨床的判断に関わる情報に変換することで、治療の結果を改善し、現在の医療にかかるコストを削減する助けになるかもしれない」

 IBMのニュースリリースは、この点をさらに強調している。

 長期にわたって患者から蓄積されてきたデジタル情報が大量にあることから、医師がさまざまな情報源からのデータを統合し、解析できるようにすることが重要だ。つまり、患者の統計、実験室のテスト、心電図やエコー映像などモダリティ(医療機器)の研究、専門家の解釈などのデータから患者の状態を総合的に把握し、治療においてより多くの情報に基づいた判断や決定を下せるようにすることだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算