編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

標準化の国際的な現場とは--W3CとUnicodeを例に聞く - (page 2)

海上忍

2010-07-30 12:45

村田:(CSSを所管する)W3Cの例でいうと、第1にボランティアですね。第2は、その分野に対し強い関心を持っている人。第3はW3Cスタッフ、と。いま現実として困難に直面しているのが、CSSで定義される「縦書き」ですよね。どれだけの作業量が必要か、ようやく私も把握しましたので。

海上:現在、日本人メンバーからのCSSにおける「縦書きサポート」の提案が難航しているようですが。

註:CSS Text Layout Module Level 3での縦書きサポート実現を目指すにあたり、村上真雄氏(HTML5 IG JP共同議長、JEPA EPUB研究会員)とともに論理プロパティを使用する方法でW3C CSS WGに働きかけたが、他のメンバーの反対により難航していた事情を指す。そのときのやり取りは「css3-text-layout(W3C)におけるウェブ縦書き議論の現場報告」に詳しい(流れをまとめた小形克宏さんに感謝)。なお、EPUBおよびCSSにおける縦書きサポートの最新動向は、村上真雄氏がまとめた「EPUB や CSS と日本語レイアウト HTML5 と電子書籍」に詳しい。

村田:理想的な結果をどこまで要求するのか、という話でもありますが、JEPAでとりまとめた要求仕様案では、縦から横へフォールバックしてもそれほどヒドいことにはならない(註:縦書き向けに組まれたスタイルシートは、縦書き未サポートのブラウザ/ビューアで見ても表示が崩れない)ということを、満足できなくなる、もしくは大変な苦労をして実質的に2つのスタイルシートを用意しなければならなくなる、そうなるかもしれません。

海上:どうして、縦書き対応がこのような状況になったのでしょうか?

村田:W3Cに入っている日本企業は、ほとんど名前だけというのが実情です。ミーティングにもお偉いさんが出てくるだけで、提案はもちろん、発言らしい発言がありませんからね。以前、ACCESSさんがテクニカルノートを出してうまく受け入れられたという良い事例もありますが。現在も何名か積極的な日本人メンバーはいますけれど、CSSの場合は縦書き関連の提案を除きほぼゼロかと。

 W3Cにかぎらず、Unicodeのときもそうでした。むしろ、Unicodeのときのほうがヒドかった。実質、樋浦(秀樹、Sun MicrosystemsでI18Nアーキテクトを務めた人物、故人)さんと、小林(龍生、元ジャストシステムデジタル文化研究所所長)さんの2人でもっていたようなものですからね。

 文化に影響を及ぼすような国際的な仕様が、現実としていろいろな団体によって決定されているのです。英語やフランス語は黙っていても問題ないかもしれませんが、他のもっとマイナーな言語がきちんとサポートされるというのは難しいです。

海上:どうしたらいいのでしょうかね……

村田:最近では、考えたこともないですね。こんなものだ、と思うようにしています(笑)

(続く)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
開発

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]