「Firefox」のタブ管理方法を一変させるMozillaの「Tab Candy」プロジェクト

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一

2010-07-26 13:28

 Mozilla Labsでユーザーエクスペリエンスを統括するAza Raskin氏は、米国時間7月23日、ユーザーが開いたブラウザのタブの管理方法を劇的に変えるという新しいプロジェクト、「Tab Candy」について明らかにした。

 Tab Candyは拡張機能ではなく、Raskin氏およびそのチームが「Firefox」の今後のバージョンに組み込もうと計画している新しい機能だ。簡単に言うと、デスクトップのようなワークスペースを作って、ユーザーが開いたタブをそこでグループ分けして整理できるようにするものだ。各グループはFirefoxを別々のインスタンスとして起動したのと同じように機能する。例えば、50件のタブを開いていてそのうち5件をTab Candyで1つのグループにまとめたとしよう。これを開くとグループに含まれる5件だけがブラウザのタブに並んだ状態になり、残りの45件は表示されない。このようにしてメインのグループとサブグループの間を自由に行き来できるが、(複数のFirefoxを起動して)いくつものウィンドウを開いておく必要はない。

 ここまで柔軟に組織化できれば、ネットブックのように画面の小さいデバイスでも開いたタブの管理がずっと容易になると、Raskin氏は熱心に説いている。Mozillaは、画面上で占有できる面積がもっと限られているモバイル機器向けブラウザの開発にも取り組んでいるが、ここでも同じ考え方を適用できるはずだ。

 Tab Candyはまだ開発中で、意欲的なアルファ版テスター向けに公開されているFirefoxの実験版でのみ利用できる。現在のところ、タブ整理がTab Candyの唯一の機能だが、検索、プライベートブラウジングセッションとして設定できるクラスタ、タブグループの公開およびプライベート共有など、ほかにも多くの機能が登場する予定だ。Raskin氏はさらに、Firefoxの拡張機能と融合させてTab Candyのタブクラスタにユーティリティを追加することや、メモリを無駄に消費しないよう長い間使っていないタブを休止状態にする機能の実装などを構想しており、一部をデモビデオで詳しく説明している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]