編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

標準化に携わると出世レースから外れる?--標準化プロセスの現場 - (page 2)

海上忍

2010-08-02 11:58

具体的にどうやって“標準化”の作業を進めるのか

海上:標準化の作業というのは、具体的にどのようなことをするのでしょうか? 草案など文章の形にまとめることがひとまずの目標だとすると、そこへたどり着くまでにどのようなプロセスを経るのか、イメージがわかないもので。

村田:メール、電話会議、フェイストゥーフェイスのミーティング、仕様書の執筆、投票……まずはそんな感じでしょうか。メンバー間の個人的な関係も重要で、よく連絡をとりあったりします。先ほど話に出たMarkus Gyllingさんとも、ストックホルム滞在中に会食しました。実はこの取材のあとも、Michael Smithさん(※)と食事をする予定なのです。

※:W3C HTML and Web Applications Working Groupsの主要メンバー。チームコンタクトを務める。

海上:個人的な信頼関係というのは、どの程度影響があるものなのでしょう?

村田:とても重要で、かなりの影響がありますね。というより、どの企業もしくは団体に在籍しているかではなく、個人でしか信頼関係は成り立ちませんから。たとえばMarkus Gyllingさんにとっては、私の所属などどうでもいいことなのですよ。最近では、Unicodeの標準化で活躍された小林龍生さんがジャストシステムを離れましたが、それで標準化関係者の間でなにか変わるかといえば、まったく影響はないでしょう。

海上:そういえば、ジャストシステムは同じタイミングでxfy開発者コミュニティを閉じてしまいましたね……。

霞を食べては生きていけない…エキスパートの生き方とは?

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]